イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

チンクエ・テッレ

世界遺産で有名なチンクエ・テッレで造られるシャッケトラというデザートワインをご存知ですか?主要ブドウ品種はボスコ。少なくとも一部は乾燥させたブドウを使用することが義務付けられています。なかなか入手困難な貴重なシャッケトラを3種類テイスティングするチャンスに恵まれました。

今から15年ほど前に、あるシャッケトラのワイナリーを訪問した際に、地元の人が語ってくれたことを思い出し、ぜひ書き残したいと言う衝動に駆られました。それは、私たちが想像する真っ青なチンクエ・テッレの海とはかけ離れたものでした。
15世紀前後、この不毛の地に人々がやってきて、肥沃でない土地でも育つブドウを植えるために、崖の岩を砕いて、段々畑を造り始めました。実ったブドウは、一部は食用ブドウとして売りました。それはすぐお金になりました。そして一部は乾燥させ、甘いワインとして翌年に売りました。
親は年取ると、船で運びやすい海沿いの畑と崖の上のほうの運搬に不便な畑とをうまく分担して、子供たちに分け与えました。当時は、皆、子だくさんでした。
このあたりの住居は狭い4,5階建てが当たり前、貴重な平らな土地は畑のためでしたから。
こんな辺鄙な土地にも舗装道路ができることになった時、人々は抗議のために道路にバリケードをしました。道路にバリックを並べたのです。
バリック >>> バリケード。
実はバリケードという言葉はバリックを並べる、と言う意味から来ています。彼らにとっては、一生懸命開拓して手にした平らな土地(ブドウ畑)を舗装道路にされてしまうなんて考えられなかったのです。
時代が変わり、すぐお金を手にすることができる
世界遺産で有名なチンクエ・テッレで造られるシャッケトラというデザートワインをご存知ですか?主要ブドウ品種はボスコ。少なくとも一部は乾燥させたブドウを使用することが義務付けられています。なかなか入手困難な貴重なシャッケトラを3種類テイスティングするチャンスに恵まれました。
18198980_870785723059101_6614954575130313736_n.jpg

今から15年ほど前に、あるシャッケトラのワイナリーを訪問した際に、地元の人が語ってくれたことを思い出し、ぜひ書き残したいと言う衝動に駆られました。それは、私たちが想像する真っ青なチンクエ・テッレの海とはかけ離れたものでした。
15世紀前後、この不毛の地に人々がやってきて、肥沃でない土地でも育つブドウを植えるために、崖の岩を砕いて、段々畑を造り始めました。実ったブドウは、一部は食用ブドウとして売りました。それはすぐお金になりました。そして一部は乾燥させ、甘いワインとして翌年に売りました。
親は年取ると、船で運びやすい海沿いの畑と崖の上のほうの運搬に不便な畑とをうまく分担して、子供たちに分け与えました。当時は、皆、子だくさんでした。
このあたりの住居は狭い4,5階建てが当たり前、貴重な平らな土地は畑のためでしたから。
こんな辺鄙な土地にも舗装道路ができることになった時、人々は抗議のために道路にバリケードをしました。道路にバリックを並べたのです。
バリック >>> バリケード。
実はバリケードという言葉はバリックを並べる、と言う意味から来ています。彼らにとっては、一生懸命開拓して手にした平らな土地(ブドウ畑)を舗装道路にされてしまうなんて考えられなかったのです。
時代が変わり、すぐお金を手にすることができるサラリーマンになる人が増え、畑は見捨てられてしまいました。何世代もの間に、子供たちのために小分けされた畑は、手入れをするのには不便極まりない状態になってしまったのです。
私たちを案内をしてくれた女性は、第3子で、上の二人はお姉さん。男は畑仕事ができるけど、女は何の役にも立たない。おばあちゃんは、彼女が生まれた時に、また女の子だとわかって、恥ずかしくて日曜日のミサに行けなかったそうです。今から60年前の話です。
彼女は言いました。もうブドウ畑の世話をするのは年寄りだけ。。。教会の鐘が長く鳴ると(お葬式の鐘です)、”ああ、又ブドウ畑が400年前のように荒れ地になってしまう。。。” 涙がこぼれる、と語りました。唯一畑の手入れをする老人がまた消えてしまった、と。

観光客がチンクエ・テッレに来て、地元の老人に砂浜はどこにあるの?と聞くと、大半の老人は返事もしないわ。だって、彼らは、海に背を向け、岩を砕いて畑を造り続けていたから、海とはかかわりがなかったから。
27331656_1066893403451506_4704237412050835799_n.jpg


後、50年したら、こんな話をしてくれる人もいなくなってしまうかもしれません。

シャッケトラの甘さが、なんかせつない。。。
  1. 2017/12/22(金) 03:32:31|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピノ・ネーロの試飲会

第19回目のピノ・ネーロ・ビンテージ2014の試飲会がアルト・アーディジェで開催。

  18275180_1903828773208450_3879328354971019416_n.jpg

イタリアで一番重要なっピノ・ネーロのコンクールに参加した88種類のワインが試飲できると言う夢のようなイベント。
会場は、エーニャ村。ここはイタリア?と思ってしまうような(確かに公用語もドイツ語ですが・笑)きれいな山麓の村。

訳40名の審査員によって厳選された今回のトップ10は以下の通り。

      IMG_8957.jpg


同じポイントで4位が2つ。まずは4位から評価を。
リーゼルのグラスで試飲できるなんて、幸せそのもの。。。

     IMG_8921.jpg

④:Kellerei St.Michael Eppan ・ Sanct Valentin
日本でもおなじみのワイナリーのトップアイテム。ベリー系の香、バニラやシナモンの甘いスパイス香、ミント。
味わいもエレガントで女性的なワイン。きれいな仕上がり。
④:Castelfeder Riserva・Burgum Novum
淡いルビー色。最初はちょっとこもった香。キナエキス(って一般的な表現じゃないですね。。反省)。コカコーラ、石油系の香。
ほろ苦みが印象的、っと書くと、イメージダウンかもしれないけど、なかなか素敵なワインでした。
③:Weingut Plonerhof・Riserva・Exclusiv
反射光の美しいルビー色。ピノ・ネーロ独特の香。ベリー系の香。石油系の香。香が深い。
キレ味よし。
②:Elena Walchl Ludwig
ガーネットがかった淡いルビー色。フォクシー。カンゾウ。ミネラル。エレガント。
個性がしっかりしていて、一度飲んだらきっと忘れることができないワイン。ちょっとアフターが短いかな。。。
①:Klosterhof・Riserva
淡いルビー色。石油系の香、ミシン油。香がモワ~っと湧きあがってくる。
アフター長い。男性的。

   IMG_8925.jpg


トップテンには入っていなかったけど、私がとても気に入ったピノ・ネーロのコメントも。
*Maison Anselmet Giorgio・Semel Pater
ベリー系のフルーツ香。ミント。フォクシー。さまざまな香。
まろやか。塩味あり。アフター長い。パワフル。
これは、アオスタ州のワイナリーです。初めて彼のピノ・ネーロを飲んだ時の感動、、、今でも覚えています。標高1500mぐらいのところに畑があるらしい。アルト・アーディジェのピノ・ネーロにはないパワフルさが魅力的。

毎年5月に開催されるこのイベント。来年は20回目、、、ますます盛大になりそうです。
http://www.blauburgunder.it/?lang=it
  1. 2017/05/27(土) 06:25:57|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Livewine

世界的にビオワインの人気はとどまるところを知らないような気がする。
イタリアも同様。。。。とりわけ北イタリアでの消費者のビオへの関心は高まる一方。
とは言え、ミラノでは、なかなか本格的な試飲会がなかった。
それがついに2月に実現!
対象は、ビオ、ではなく手造りワインメーカー(直訳すると“職人がたきの生産者”)が集まった。

10997905_543896795751172_1059805815973562814_n.jpg


ビオ、ビオディナのワインが勢ぞろい。
スロベニアのMoviaはやっぱり捨てがたかったし、アルサーツィアのコスパのいいスパークリングも気に入ったし、2002年のシャンパーニュもとっても良かった。サルデーニャのDettoriも面白かった。
11002650_543896845751167_5562173725629087976_n.jpg IMG_2752.jpg



ビオはあまり好みじゃないんだけど、最近のビオ、とてもよくなってきてるのを実感。
そして。。。。。。あんなに飲んだのに、頭痛くならなかった! 
フランスチーズ(国内産も扱ってるけど)のセレクターので店があったんだけど、値段もお手頃。こんな値段でフランス各地のチーズが購入できるなんて、大感激。
アルサーツィアのスパークリングと合わせて、最高~~~!

モンタルチーノで開催されるブルネッロの試飲会に行かなきゃ行けなくて、Livewine一日しか行けなかったのが心残り。。。。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


  1. 2015/03/01(日) 06:47:33|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然派ワイン試飲会

ミラノ万博開催まで後3カ月!
道路はまだ未完成、会場も未完成。。。。でもきっと、イタリアのこと。。。。当日になればすべてなんとか出来上がってるに違いない。
今までもすべてがそうだったから。。。。

そんな中で、ワインや食に関するいろいろな催し物が盛んになっているのはとっても嬉しい。
とりわけ2月は、恒例のFood & WineやIdentita` Golosaがあり、わくわくしてるのだけど、、、、今一番私が期待しているのがこれ!
LIVE WINE http://livewine.it/

Logo1.png

小規模の選りすぐりのワイナリーのワインに出合える!
畑から瓶詰めまでを自分たちで管理して行い、合成した化学薬品を使用せず、亜硫酸の使用量も抑えて作ったワインに出合えるチャンス!
期間は2月21日から23日まで。入場料もお手頃。
たった15ユーロ。気に入ったワインがあれば購入も可能です。
なかなかお目にかかれないワインも勢ぞろい、、、ぜひ行きましょう~~~!
  1. 2015/02/04(水) 07:13:14|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェルメンティーノを知りつくす

ヴェルメンティーノの試飲会。
フランス(ニース、プロヴァンス、コルシカ島)、サルデーニャ島、リグーリア州、トスカーナ州のヴェルメンティーノ、その数40種類。。。。
熱気あふれる会場。
v3-crop.jpg


スプマンテは3社だけ。ヴェルメンティーノの瓶内2次醗酵のスプマンテは、以前サルデーニャのワイナリー・Sardus Paterで飲んだのを覚えている。エノロゴが、この品種100%で瓶内2次醗酵でスプマンテを造っているのはうちだけって説明してくれた。
今回も3社のうち、2社はサルデーニャの生産者。もう一つはリグーリアの36か月酵母と一緒に寝かしたPodere Scurtarola社。なかなかの出来である。

スティルにしよう。
コルシカ島のものは、色が淡すぎて、香りや味わいも控えめ。アフターも短くて、ちょっとがっかり。コルシカ島に何度か行ったイタリア人の知り合いから、コルシカの白は美味しいわよ!って聞いていただけに、なおさらがっくり。。。。生まれて初めて飲んだコルシカ島のワインだったんだけど。。。。こんなものなのかな??

フランス本土のものも、イタリアのヴェルメンティーノに比べると色が薄い。色だけで判断しちゃいけないのだけど、やっぱり色が淡すぎると、ちょっとね~って思っちゃう私。レモンピールの香りも感じられて、なかなかエレガントなものもある。
やはり、イタリアのヴェルメンティーノの産地は、フランスの産地に比べて南だから、色のしっかりしたフルボディーに仕上がるんだ、と一人納得。
さて、イタリア産に挑戦!
そもそも、ヴェルメンティーノの原産地は、スペインあるいはポルトガル、と言われている。それがフランス南部、サルデーニャを通って、イタリア本土リグーリア州に伝わったと言われる。サルデーニャ、そして、リグーリアのヴェルメンティーノは有名だけど、今回は、半分以上がトスカーナのものだった。
トスカーナ産のすべてに共通して言えることは、しっかりした藁色、桜桃、白い野原の花の香り、ミネラル香、まろやかさであり、アフターにビターアーモンド系の心地よいほろ苦味が残る。
ボルゲリ地域では、以前は、このまろやかさとミネラル香を生かして、根性タイプの白ワインによく使われていたが、最近は100%で醸造するところが増えてきた。
セージや、ツゲ(ソ―ヴィニョン・ブランに感じるような)の香りを感じるものもあった。ヴェルメンティーノ100%じゃないのかな???
面白かったのは、ボルゲリのワイナリー・Donnaolimpiaの2011。石油系の香りが出ている。

v2.jpg

そう言えば、リグーリアのワイナリーで何年も寝かしてこんなヴェルメンティーノを造っているところがあった。。。確かビオだったような気がする。ヴェルメンティーノ本来の香りではない、と試飲会メンバーから言われ、DOCと名乗れない、と言っていたような気がするけど、今残念ながら名前が思い出せない。

特筆すべきは、最初に書いた36カ月寝かしたスプマンテを造っているScurtarola。今回試飲に出ていたのは、このスプマンテと2008年のスティル、そして同じく2008年のヴェルメンティーノ・ネーロ(!!!!)。ネーロ、ネーロ、ネーロ!!!
白の2008年は、カラテッロ(ヴィン・サントに使う木の小さい樽)で8か月ほどかけてアルコール発酵をさせ、その後ボトリング、瓶熟してるとのこと。色は琥珀色に近い。最近流行りのビオやら、ビオディナミか、、、と期待薄で試飲したところ。。。。面白い!どんどん、どんどん香りや味わいが変化していく。白ブドウで、赤ワインの力強さをを持つワインを目指したのだそうだ。熟成したチーズに蜂蜜を添えてこのワインを飲んだらサイコ~だろうな!
そして、ヴェルメンティーノ・ネーロ。ネーロ、ネーロ(しつこいな!)。
赤いヴェルメンティーノがあるなんて知らなかった~~!リグーリア州に近いトスカーナの、大理石の採石場があるので有名なカッラーラの近くのこの地域でのみ栽培されている品種。
白と同じようにカラテッロでアルコール発酵をしている。色は濃いめの赤、チェリー系の香り、程よいタンニンがあり、バランスが取れている。力強い赤で、しっかりした赤身の肉料理にぴったり。中程度の熟成のチーズにも合いそう。。。

v1.jpg

http://www.scurtarola.com/it/home.php
個々のオーナーは、ヴェルメンティーノの本も出版した人で、いろんなことを手掛けているらしい。とても魅力にあふれる人。いつか訪れてみたい。。。

パッシートもあったのに、飲み損ねました。。。

夏休み明けの最初の試飲会。。。。ちょっと足取りがおぼつかなくなったけど、いい気分で我が家に到着!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村









  1. 2014/09/15(月) 01:30:37|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ