イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エトナ山のワイン その2

私が見せられたエトナ山の赤ワイン。。。。

DSC02253.jpg


前回も書いたけど、それを始めて飲んだ時は、ピーノ・ネーロかと思った。
淡いオレンジ色と言い、そのエレガントさと言い、ピーノ・ネーロと共通する部分をたくさん持っている。

DOCのエトナ・ロッソは、基本的にはネレッロ・マスカレーゼが主体(最低80%が義務付けられている)、又は単独で、そこにネレッロ・カップッチョを使う。
ネレッロ・カップッチョは、マスカレーゼに不足する色とスパイス香をワインに与えてくれる。
2種類のネレッロとも、エトナのこの火山性の土壌を好む。
ブドウの生産量は少ないが、昼夜、そして冬夏の気温差により(その差、30度のことも!)、素晴らしいフレーバーが生まれる。
7社のワイナリーを訪問し合計15種類のエトナの赤ワインを試飲した(この中には、エトナ・ロッソと名乗っていないものもあるが、いずれにせよ、ネレッロで造った赤ワインである)。
特徴を書き並べよう:
淡いオレンジ色。ビンテージが若いうちは、ルビー色の光線あり。
若いものは、バイオレットの香り。
ベリー系、または桑の実の香。時にはジャムの香り。
場合によってはスパイス香(黒コショウ。又はミント)あり。
ピーノ・ネーロのような獣臭や、蒸れるような香があることも。
きめ細かいタンニン。
ほど良い酸味。
土壌からもらったミネラル系の塩味。
エレガントでありながら、フルボディー。
アフターが長い。

なんか、誉め文句を書き並べたみたいな感じだけど、本当にそうなんだもの。

DSC02293.jpg


今回訪問したワイナリーは:
Tenuta Terre Nere
Graci
Passopisciaro
Tenuta di Fessina
Benanti
Murgo
*この中でもTenuta di Fessinaは、北イタリア出身のエノロゴ、フェデリーコ・クルタズが手掛けている注目のワイナリー。

DSC02267.jpg


前回のブログの写真を見ていただいたらわかるけど、土埃だらけになりながら、乾燥したこの地で畑の手入れをすることは本当に大変な作業。
そして、こんな溶岩だらけの畑も。。。

DSC02252.jpg

その人件費を考えたら、このワインが高くても、当然。
そして、このワインは、すぐ飲むワインじゃない! 少なくとも7~8年してから飲んで欲しいな~。

生産者から聞いたこの数年のビンテージの特徴、書き出します。ご参考までに:
2012年:猛暑。良。
2011年:良。バランスいい。
2010年:雨多し。今一。
2009年;まあまあ。
2008年:良。
2007年:猛暑。

3年前にこのエトナ山を訪れた時は、10月でお天気に恵まれず、麓にいながら一度もエトナ山の山頂を見ることができなかった。
今回は一番いい時期に来たような気がする。

エトナ山周辺には、今でも古い醸造所がたくさん残されて、それを見学することができる。
古いと言っても15年ぐらい前までは使っていた(!)。
古い醸造所って??? そう、足でブドウを潰してた、あれ!

DSC02244.jpg

DSC02312.jpg

どちらも今は使われてはいないけど。。。



そこを改造してレストランにした、とってもお洒落なお店でランチ!

DSC02296.jpg

もちろん新しく改造し直した醸造所はこんなにお洒落!

DSC02311.jpg

まだ瓶詰めされていないワインを樽から直接試飲! こんな贅沢ができるのも、ここまで来たからこそ!

DSC02307.jpg




エトナの赤ワイン、、、、これほどすごいワインなのに、まだまだ知名度は薄い。
シチリア以外で、このワインに出会えるレストランなんて、めったにない。
残念だな~。
シチリアの赤、というと、大半の人がネーロ・ダーヴォラって思う。
素晴らしいネール・ダーヴォラもあるけど、一時ブームになりすぎ、便乗して造られたひどいワインがたくさん出てきて、その名を落とした。

でも、このエトナ・ロッソ、、、知る人ぞ知る、ワインなのだ。
それが証拠に、シチリアの他の地域の著明ワイナリーが、エトナ周辺に進出している。本物のワインの造り手だったら、このエトナの地に挑戦して、すごいワインを造ってみたい! と思うらしい。

エトナのワインに、エトナの人々に、エトナの魅力あふれる自然に接することができたのも、ひとえに懲りもせずイタリアワイナリー訪問の旅に来てくださる某ご夫妻のお陰。。。。
そして、今回は、頼もしいS君がハンドルを握ってくれた。

感謝!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村











テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/28(日) 05:55:48|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エトナ山のワイン その1

あまりにもいろいろなことを手掛けすぎて、ふと気付けば、最後の更新をしてから3カ月以上(深く反省)。。。

今回は、6月下旬に訪れたシチリア島のエトナ山のワインについて語りたい。
活火山であるエトナ山(まず最初に言っておきたいのだけど、本当はエトナ山、ではなくエトゥナ山と呼ばなきゃおかしい、まあ、いいかな、細かいことにこだわらなくても。。。。)は、世界遺産になったばかり!

エトナ山麓の人々が繰り返して言うセリフがある:
“エトナ地域は、島の中の島”
どういう意味かと言うと、このあたりには独特の気象条件(テロワール)があり、シチリアの他の地域とはまったく異なる、ということ。
エトナ山は、標高が3326メートルもあるから、6月下旬と言うのに、滞在した4日間、朝晩は肌寒いくらいだった。残雪もあるし、地元の人いわく、あの雪は夏も消えない、、、と。もちろん、冬はスキーができる!

シチリアの赤ワインと言うと、ネーロ・ダーヴォラが有名だけど、今回私がエトナ山に出かけたのには、1本のワインとの出会いがあった。
今から数年前、ブラインドテースティングで試飲した赤ワイン。。。。ピノ・ネーロかとその場にいた皆が思った。。。。それがエトナ・ロッソと言うワインだった。確かビンテージは2004年。淡いオレンジがかった赤色、エレガントで深みのあるワイン。。。衝撃であった。

DSC02263.jpg

今、私は噴煙をあげているエトナ山の前に立っている。
南、東側が、このエトナと呼ばれるシチリアで一番最初(1968年)にDOCとして認められたワインの産地であり、標高は600~1000メートル前後。白・赤・ロゼ・そしてスプマンテもある。
白の品種は、カリカンテが最低80%。
赤は、ネレッロ・マスカレーゼ最低80%。ネレッロ・カプッチョ最高20%。
スプマンテはネレッロ・マスカレーゼ最低60%。
今シチリアワインの中で、一番注目されているこのワイン、10年ほど前は、15ほどしかなかったワイナリーが今は60に増えた。

エトナ・ビアンコなら、BenentiのPietramarinaが面白い!
株仕立てのカリカンテ100%、そしてシュル・リー法で作ったワイン。白いワインとは言え、10年後に飲んでも面白い。標高950メートルの、一番素晴らしい白ブドウが採れるミーロ村の畑のブドウのみを使用。
2007年を試飲。そしてその後に2001年を開けてくれる! 石油系の香りが口いっぱいに広がる。

でも、そんな独特な方法でなく、シンプルな作り方のエトナ・ビアンコも魅力がいっぱい。
今回試飲したのは、Tenute Terre Nereの2012とTenuta di Fessinaの、A` Puddara2011、Murgoのベース2012とクリュタイプのTenuta S. Michele2010、Graciの2012。
すべてに共通する魅力は、ミネラル香! 活火山エトナ山の土壌ならではの味わい。柑橘類、場合によってはパイナップルの香りもある。カリカンテ種ならではの酸味が何とも言えない。アフターもとても長い。A` Puddaraは大樽を使用しているので、バニラ香があり、バランスの良さが売り物。

そして待望の赤!
でもその前に畑の様子を。。。。
白ブドウも黒ブドウも、エトナ山麓の畑では、樹齢60年なんて、当たり前!なのである。

DSC02236.jpg

場合によっては、樹齢140年ということも。。。。株仕立てが一般的で、古い畑は、ブドウの木と木の間隔がわずか90センチ。これでは、狭すぎてトラクターは導入できないから、全て手作業になる。火山灰に覆われた畑での作業は、埃まみれになる。
その間をカメラ片手に歩いていた私の目に止まった1本のブドウの木が!

DSC02325.jpg

まさに、これ!
ミンネッラだ!!!
白ブドウのミンネッラはシチリア方言で“オッパイ”と言う意味。ブドウの実の形が似ているから、そう呼ばれるようになったそうだ。
黒ブドウの主流は、ネレッロ・マスカレーゼ。とは言っても、黒ブドウの脇に、白ブドウが植えてあったり、さまざま。100年ぐらい前、ブドウだけ畑に育てていた人なんていなかった。ブドウの脇に野菜やオリーブ、サボテン(実を食用)が一緒くたに植えてある。

DSC02290.jpg

ぶどう畑なんて、昔はなかったんだね。畑! そう、菜食類は全部そこに植えたわけ。隙間なんて残しちゃいけなかったんだね。
だから、今でもエトナのワインには、赤ワインだけど、少し白ブドウが入っている、なんてこと当たり前。

現在有名なワイナリーのオーナーの中には、地元出身者は少ない。この地に惹かれてよそから来た人々。でも彼らは、既に植えられていたブドウを引き抜き植え替える、ということをせず、その樹齢の高いブドウを守り続け、そこから素晴らしいワインを生み出そうとしている。前オーナーの所で働いていた人々が、そのまま新しいオーナーの下で働く、という形が多い。彼らは、愛情を注いで畑を守り続けてくれるのだ。

畑の土壌は、場合によっては100メートル移動しただけで、まったく違う、と言うことがあるのも、エトナ山ならでは!

DSC02398.jpg

DSC02261.jpg

DSC02271.jpg


火山灰(とは言っても肥沃な火山灰)だらけのところ、ちょっと石が混ざっているところ、石だらけのところ。。。。石も溶岩の場合もあれば、軽石のことも、あるいは両方が混ざっている場合も。
そんな土壌の差が、出来上がったワインにもはっきりと感じられる。
1986年の噴火の際には1600メートルもの噴火が上がった。その時の流れた溶岩が、黒い道となって、あちこちに残っている。

ワイナリーPassopisciaroの畑を案内してくれたLetiziaさんは、黒い溶岩が流れ出した後を指さしながら、“うちの畑のすぐ真横まで溶岩が流れ出したのよ。”と指さす。(下の写真の真ん中あたりの林の前の黒い部分、わかってもらえるだろうか?) 

DSC02377.jpg

1968年、このワインがDOCになった頃は、村の人々が町に働きに行くようになった時代で、野放しになっていた畑がたくさんあったそうである。道路から遠い畑、標高の高すぎる畑、傾斜のきつい畑、、、いくつかのこれらの地域は、DOCの規定書の生産地域から外されてしまった。
本当は素晴らしいテロワールがあるのに、エトナ山麓でありながら、エトナDOCと名乗れない。。。。そんな理不尽な理由からワイナリーPassopisciaroのワインはエトナDOCではなく、シチリアIGPと言うカテゴリーのラベルが貼られている。

標高が1000メートル近くとは言え、ここはシチリア。昼間になるとやはり暑い。。。
昼と夜の、あるいは夏と冬の気温差が30度以上のこともある。それが又、ワインに素晴らしいフレーバーをもたらす。

DSC02386.jpg
冬のエトナ山。。。

埃まみれになりながら、ブドウのつるを支柱にひもで結ぶ作業をしている人々。。。。

DSC02402_20130720061855.jpg

DSC02399.jpg


さあ、ワイナリーに戻って、期待の赤を試飲しよう!

続く。。。。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/20(土) 04:20:12|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインを知るための手引き

今年もイタリアソムリエ協会ロンバルディア州のガイドブックが完成!

今までは秋にテースティングをしていたのだけど、今回は8月に審査を実施。
暑い中、フルボディーの赤ワインをテースティングするのは大変だったけど。。。。

ガイドブックのお披露目式:

DSC01186.jpg


このガイドブックが出版されるようになって、今年で8年目。
思えば、私が審査員を務め始めてもう数年経つ。今回は50人ほどのメンバーで4日間かけてテースティングを行った。
年々立派に、そして充実していくガイドブックを手にすると、やっぱりうれしい。
ロンバルディア州の選び抜かれた225社、759種類のワインが掲載されている。
それぞれのワイナリー情報、そしてワインの生産本数、ブドウの種類、醸造方法、培養酵母使用か否か、酸化防止剤含有量等が、見やすく詳細に記載されている。そして、消費者にとって一番気になる値段も書いてある便利なガイドブック。
ここに載っているワインは、全て我々審査員がブラインドテースティングしたもの!
各審査員が点数を与え、それを集計した結果である。
ロンバルディア州のワインを知る上で、これ以上の手引きはない。

え? でもロンバルディア州のワインって、どんなの?って思う方に:
スパークリングワインでシャンパーニュに次いで重要なフランチャコルタ、フルボディーの赤・ヴァルテッリーナ、最近めきめき良質なものが登場しているオルトゥレポー、貴重なデザートワイン・モスカート・ディ・スカンツィオ、きりりとした飲み心地とコスパの良さが売り物のルガーナ、等々。

お披露目会には、なんと、1965年にイタリアソムリエ協会を創設したJean Valenti氏も参加。
彼は、フランス人で、当時すでにパリでソムリエとして知られており、ソムリエの必要性を感じたミラノの著明レストランが、彼をイタリアへ呼び寄せた。Valenti氏は、イタリアの現状を見て、ソムリエの仕事の重要性を伝えるために、イタリアにソムリエ協会を創立し、最初の教鞭をとったのである。
彼のイタリアソムリエ協会の会員証を見せていただいた。

ナンバー “1”!!!

イタリア女性と結婚して、もう長い間イタリアに住んでいらっしゃる。
ミーハーかもしれないけど、一緒に写真を撮らせていただく。
DSC01189.jpg
お披露目会の後開かれたルガーナワインの試飲会で、お元気にワインを試飲していらした。
いつまでも、お達者でいられますように、と祈らずにはいられなかった。

この優れものガイドブック、今年から、イタリア各地にある本屋Feltrinelliでもお買い求めいただけるようになりました。
ロンバルディア州のワインに興味のある方、必見です!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/29(木) 08:01:22|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインセミナー

今日はソムリエ協会のオフィシャルテースターのためのセミナーに参加。
私たちは、毎年出版されるロンバルディア州のワインガイドブック、Viniplusの審査員を務めている。
審査員である私たちのレベルをより高いものにし、又全員が似通った判定ができるようになるためのセミナーである。

会場のフランチャコルタのワイナリーVignenote (http://www.vignenote.it/)には、50人ほどのオフィシャルテースターが集まった。
ブラインドテースティングで、まず最初はクロアゼ(オルトゥレポーのロゼのスプマンテ)6種類。
次はオルトゥレポーのリーズリング5種類。
最後はオルトゥレポーのピーノ・ネーロ6種類。
作り手の見解も重要、というわけで、ワイナリーLe Fracce(http://www.lefracce.it/)のエノロゴ、Gerbino氏も参加。

エノロゴならではの貴重な説明が入る。例えば:
ピーノ・ネーロでロゼのスプマンテを作るのは、大変難しい。クロアゼ自体まだ新しいワインであり、こういう色であるべき、という指標がない。色を見ただけで惑わされないように。

鮮やかなチェリー色から、淡い玉ねぎの皮の色まで様々だ。

DSC01109.jpg

大半のオフィシャルテースターが高い点数を与えたのは、Mazzolino社(http://www.tenuta-mazzolino.com/)のもの。
ミッレジマートではないけど、ビンテージ2007年が最初だと思う。たぶん今日飲んだのは、2008年だろう。
2007年もよかったけど、これもいい。私の評価も一番良かった。バランスがいいし、ボディーもしっかりしている。
リーズリングは、オルトゥレポーでは、なかなかのものができる。もちろんアルサーツィアのような、石油系の香に出会うことはまれだけど。。。

ここで又エノロゴの貴重な一言:
粘土質の土壌で育つリーズリングはあまり香に恵まれず、平ったい出来になる。

ここでもめたのは、ちょっと残糖分があるのか?と思えるようなまろやかなリーズリング。ワイナリーConte Vistarino(http://www.contevistarino.it/it/home.asp)。
高く評価する人と、反対する人とで意見が分かれた。
個人的には、まろやか過ぎて好みではない。
今調べたら、やはり遅積みしているようだ。西洋イラクサを醗酵させたような香もちょっと気になる。
でも、私が思うには、お刺身に多めにワサビを添えるなら、このリーズリングが合うし、ワサビ無しで食べるなら、ワイナリーTorrevilla(http://www.torrevilla.it/)のGenisioのリーズリングをお勧めしたいな~。
不謹慎にも、皆が大もめしている中、私はのんびりそんなこと考えていました。。。

最後はピーノ・ネーロ。
評価が良かったのは、エノロゴのワイナリーLe Fracceのもの。

6種類サービスされたうちの最後のワインの香を嗅いだ時、何の迷いもなく、すぐどこのワイナリーのものかわかった。
MazzolinoのNoir!!!
このFoxsyな香が私は苦手。。。どうしてもダメ。以前に比べるとその強烈さ(私にとって、これは強烈なのだ)は緩和されてきたとは思うけど。。。
もちろん、皆の評価が一番高かったのはこのワイン。
いいさ、私が評価できないだけさ!
でも、不思議なのは、この香を嗅いで、私はすぐどこのワイナリーのものか分かったんだけど、分からなかった人が大半みたいだった。
と言うことは、皆にとって、この香は煩わしいものじゃない、そしてこの香を私ほど強く感じないわけだ、と。
香って不思議。。。。。

昼食前に、ワイナリーを見学。レストラン・ホテルも併設してるとってもお洒落なロケーション。
フランチャコルタに行かれる方にお勧め!(http://www.borgosantagiulia.it/)
宿泊代も施設の素晴らしさの割には、良心的!

スプマンテの瓶内の圧力をはかる装置

DSC01110.jpg


充実した一日だった。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/11(日) 06:45:05|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

ピエモンテにて

10月のピエモンテ。。。。。
バローロやバルバレスコの生まれるランゲ地方。
例年より2週間ほど早くブドウの収穫が終わり、人気のないブドウ畑。

DSC01063.jpg

DSC01053.jpg

DSC01095.jpg


この美しさに、余計な言葉はいらない。

ネッビオーロと言うブドウの品種。
これは樹齢80年近くのネッビオーロ!

     DSC01052_20121110053018.jpg

ネッビオーロと言う名前は、ネッビア(霧)と言う言葉からきた、と言われる。
ネッビアが出るころに収穫するブドウだから。

DSC01046.jpg



ワイナリーでは、バローロになるマストのアルコール醗酵が終わりつつある。
飲ませていただいた。
フルーツの香り、まだまだ青いタンニン。ネッビオーロとは思えない濃い色。

     DSC01056.jpg


レストランでは、白トリフづくし。。。。

DSC01065.jpg

DSC01093.jpg



今年は白トリフの値段が去年の倍近く。。。。冬は雪が少なかったし、夏は雨が降らず、猛暑だった。秋になっても気温が下がらない。
だから、白トリフが不作。。。。
アルバのトリフ市での白トリフの値段は、一キロ500ユーロ前後。

これから寒くなるのだろうか。。。。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/10(土) 05:27:49|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。