イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花の登山道

チャーハンと茹でトウモロコシをリュックに詰めて、出かける。後一週間で8月と言うのに、一昨日の雨のせいで、朝8時の気温が7度しかない。
今日のスタート地点はソンドリオ県の標高1366メートルのべルヴィーゾ湖畔。小一時間美しい人造湖べルヴィーゾを横目に平らな道を歩く。釣りもできるこんなきれいな景色なのに、誰にも出合わない不思議・・・
DSC05169.jpg DSC05171.jpg DSC05183.jpg

その後、湖から逸れて、許可書のある車だけが走れる(と言っても、四駆じゃなきゃ、絶対無理。四駆でもよほどのキャリアがないと???)ガタガタの急な道を、道端に実っているブラックベリーやワイルドストロベリーをほおばりながら登りつめる。眼下に見えるべルヴィーゾ湖の美しいこと!
突然目の前が開け、高原が広がる。私たちの行く手に立っている放牧人の小屋。デミニョーネ小屋。
牛とヤギを放牧しながら、夏の間ここでチーズ作りをしている3人のおじさんたち。
標高1906メートルの人里離~~~れたところに突然現れた東洋人に、おじさんたちびっくり顔!!
この人たち、とってもフレンドリー。次回のブログにここのことは詳しく書きます!!
で、今回は山登りに焦点を絞って・・・
DSC05181.jpg DSC05175_20100730003221.jpg DSC05191.jpg

デミニョーネ小屋から、アップダウンの登山道を歩く。アカシカ、カモシカの群れに出合う。雲がかかってきて、風が冷たい。道がだんだん険しくなり、息が切れてくる。ヴェナーノ峠に立つタリアフェッリ小屋が私たちの頭上で待ち受けている。歩き始めてから4時間弱。小屋に到着。ここが、ソンドリオ県とベルガモ県の県境になる。建てられてからちょうど25年目になる小屋の前には第一次世界大戦で使われた大砲が飾ってある。
チャーハンをほおばり、リュックを背負い直し、デミニョーネ峠を目指す。尾根伝いの山道で、鎖場があるから、ある程度経験者じゃないと無理・・・と何人かの人に言われたけど、なんのことはない!高所恐怖症でなきゃ、大丈夫!
1時間半ほど、尾根沿いに歩いたけど、こんなに高山植物の種類が豊富な登山道は初めて!時期もよかったのだろうけど、黄色、水色、紫・・・様々な高山植物が咲き乱れる。南向きだし、尾根のおかげで北風が当たらないし、登山者が少ないせいなのだろうけど、本当にすごい!
DSC05187.jpg DSC05198.jpg DSC05195.jpg DSC05192.jpg DSC05186.jpg DSC05205.jpg DSC05201.jpg DSC05196.jpg

標高2485メートルのデミニョーネ峠から、行くときに立ち寄ったデミニョーネ小屋まで下り始める。小屋は見え度も、その道のりの長いこと。
デミニョーネ小屋では、例の3人のおじさんたちが歓待してくれた。チーズとできたてのバターを購入。そこから歩くこと、1時間半、スタート地点に戻ったのは夕方7時。日の長いイタリアの夏だから、まだまだ明るいけど、長い一日だった。
それにしても、高山植物・・・きれいすぎ! 充実した一日!!

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/28(水) 23:28:28|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モッツァレッラ・ディ・ブーファラ | ホーム | イタリアの牛乳の生産段階での価格>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/90-45970f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。