イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅海でのバカンス

エジプトの紅海へ1週間のバカンスに出かけた。
日本からは、大変遠いけど、イタリアからなら、直行便で4時間の距離。イタリア人のバカンスの名所である。
紅海で有名なリゾート地は、シャーレンシェーク。シナイ半島の突端の町である。もちろんダイビングの基地としても有名だけど、各リゾートホテルにはディスコがあり、夜も楽しみたい人向きの派手なリゾート地で、私好みではない。
紅海を南下したところにある、フルガーダと言う町もリゾート地として15年ほど前からイタリア人に人気がある。今回はそのフルガーダからもっと南下した、スーダンに近いマルサ・アラムを目指した。(南下すればするほど未開発で海が美しい)
紅海に行くのはこれで3度目であるが、マルサ・アラムは初めて。数年前には国際空港もオープンし、空港から私たちのホテルまではバスで40~50分の距離。
1週間同じホテルに滞在、3食付き、ソフトドリンク飲み放題というイタリア人好みのツアーである。夜中2時ごろホテルに到着。外の気温は35度を超えていそう。乾燥しているとはいえ、暑い!
私たちの部屋からは、コバルトブルーの海が目前に見える。真っ白い砂の砂浜が延々と続く。
砂浜から沖に向かって300メートルほど歩く。歩いても歩いても、海の深さは膝ぐらいというチョー遠浅の海。
DSC05010.jpg
そこで足ひれとゴーグルをつけ、泳ぎだす。。。
スゴイ! ピンク、水色、紫、黄色のサンゴが!
ダブルベッドほどの大きさの水色のサンゴ礁が圧巻である。
そうか、ホテルの名前はブルー・リーフ。ここから来たんだ!
ライオンフィッシュ、エンジェルフィッシュ、エイ、ウツボ・・・色とりどりの熱帯魚が行きかう。
私のイタリア人の連れは、ダイビングをし、全長1,5メートルほどの海カメに近寄ることができた。
DSC05134.jpg
DSC05133.jpg
カメの背中にくっついている2匹の魚はカメの寄生虫を食べる掃除係なんだよ!

イルカの群れにも出合えた。(2匹泳いでるイルカ、わかるかな?)
   DSC05032.jpg
こんな素敵な旅が5万円ほど、やっぱりイタリアは捨てがたいな・・・
イタリアに戻る飛行機から見たナイル川。砂漠を横切るナイル川の流域の緑が美しい。
以前この景色を見たイタリア人がつぶやいた言葉を思い出した。
    <ナイル川は、神様からのエジプトへの捧げもの>
DSC05109.jpg

テーマ:ダイビング - ジャンル:旅行

  1. 2010/07/03(土) 05:38:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日作った美味しすぎるアンティパスト | ホーム | 山歩き>>

コメント

美しい海を満喫されたようですね~。次回はサルデーニャの海でダイビングというのは?
(とシツコクさそう私 笑)
  1. 2010/07/04(日) 22:14:49 |
  2. URL |
  3. Tomokoです #7gn4CSjE
  4. [ 編集]

Tomokoさま
母がサルデーニャに行きたがってるのよね・・・
本当に来年はサルデーニャに行くことになりそう・・・
その時は、よろしくね!
  1. 2010/07/07(水) 02:04:37 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/87-8574f083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。