イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイタでの暮らし

私のブログのタイトルに、“山の魅力”とあるのに、山のことあまり書いていないのに今さら気付いた。
だから、今日は山の話。
ヨーロッパで一番大きい国立公園、ステルヴィオ国立公園の中に、私と連れ合いとで手にした小さな小さな山小屋。
セカンドハウス、と言ったら聞こえがいいけど・・・
もとはバイタだったところ。でバイタとは何かと言うと、夏、放牧人が寝泊まりしたり、チーズを作ったり、そのチーズを保存するのに使った建物。
と書けば、ああ、セカンドハウスって感じじゃないわね!って納得してもらえると思う。要は私たちみたいなモノ好きな人間向きの小屋なのである。
で、毎週のように飽きずに、その小屋に通ってる私たち。
やっと春めいてきたので、山歩きに出かける。目指すは、標高2208メートルのところにあるゼローテン渓谷の小屋。2時間弱の登り。
左手には今はもう使っていない大理石の採石場。山道脇にはモルタル作りのための炉。昔は、炉の中に木を入れ火をつけ、1300度ほどの温度で、この周辺で取れる石灰岩を溶かし、モルタルを作っていたのである。
DSC04791.jpg

春いちばん先に咲くのが、野生の白いクロッカス。ブルーのリンドウ科の花。そして珍しい野生の沈丁花も咲いている。日本にある沈丁花の原種である。近寄って見ると、いい香り!

DSC04804.jpg DSC04812.jpg DSC04801.jpg

目指すゼローテン渓谷小屋が見えてきた。
最後の少し急な山道を登り、小屋に到着。
小屋の入口は雪が積もっていて中には入れず。

DSC04808.jpg DSC04814.jpg DSC04813.jpg DSC04823.jpg

向かいに見える山は、まだ先日降ったばかりの新雪で真っ白。
脇の雪渓では、カモシカが3頭、涼んでいる。

DSC04817.jpg

私たちには、まだ肌寒いくらいの季節だけど、彼らにとっては暑いのだろうか?外で持ってきたお弁当を食べ、寝っ転がってウトウト・・・ふっと横を見たら・・・アルプス・アイベックス

DSC04820.jpg

興味深そうに、私たちを眺めている。アルプス・アイベックスは、人怖しないことで知られる。
ここに来るのは、今日で5回目ぐらいだけど、ここではアイベックスに、何度か出合っている。
今回も素敵な出会いがいっぱい・・・楽しいイタリアの山歩き!!

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/09(水) 05:20:01|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山歩き | ホーム | 貴族の館に泊まる>>

コメント

近い!

ステルビオならここからそんなに遠くないです!
お邪魔したいです~!夏は無理そうですけど、秋になったら是非お邪魔したいです~!ポルチーニでも採りに行きたいですね。
  1. 2010/06/29(火) 18:29:01 |
  2. URL |
  3. ちゃこ #SkpZqjko
  4. [ 編集]

ちゃこさま

ステルヴィオって結構広いんです。
私たちは、9月中旬には閉鎖されてしまうガーヴィア峠の南側、プレゼーナ氷河の近くです。
(直線距離なら、ものすごく近いんだけど・・・)
ぜひぜひ来てください。いろいろ体験談聞きた~~~い!!!
  1. 2010/07/04(日) 05:16:43 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/85-31ab0eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。