イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワインガイドブック VINIPLUS

VINIPLUSはイタリアソムリエ協会ロンバルディア支部が毎年出している、ロンバルディア州だけのワインのための、貴重なガイドブック。
DSC04489.jpg

オフィシャルテースター初め選び抜かれたメンバーが、205社の704種類のワインをブラインドテースティングして作り上げた一冊である。このテースティングのメンバーとなって今回で3回目。
11月に出版されたこのガイドブックに載ったワインの中から、最終審査で選ばれたより抜きのワインの生産者の表彰彰式を兼ねた試飲会が、先日開催された。
会場はミラノの北、ヴァレーゼという町の歴史ある18世紀の館。
私は、ソムリエとしてサービスを担当。なかなか勇気が出ず、躊躇していたサービスの仕事も今日で3度目。
少しは余裕も出てきた。
今日の私の担当ワイナリーは、ヴァルテッリーナのAldo Rainoldi。http://www.rainoldi.com/
地元ではキアヴェンナスカと呼ばれるバローロやバルバレスコでおなじみのネッビオーロ種で作ったワイン。
VINIPLUSで一番高い評価に当たる4つのバラをもらったワインは47種。なんと、このワイナリーは今回3つのワインで4つのバラを得た素晴らしい作り手。その3本とは:
Valtellina Sassella Riserva 2005
Valtellina Inferno Riserva 2005
Sforzato Fruttaio Ca` Rizzieri 2006
このSforzatoはガンベロ・ロッソでもトレ・ビッキエーリを獲得している。
試飲会が始まり、まもなくして、3代目の若きオーナー、アルド氏が到着。
矢継ぎ早に質問する私に丁寧に答えてくれる。
DSC04497.jpg


Sassellaは大樽主体。タンニンがしっかりしている。Infernoはバリックで作ったエレガントな飲み口。Sforzatoはブドウを収穫後、12月半ばまで標高500メートルのところにある風通しの良い建物の中で乾燥させてから作ったもので、フルーツ、スパイス、ドライフラワーの香り。口に含むと、甘いとさえ思ってしまいそうな、まろやかさ、ミネラル、塩分、タンニンが素晴らしいバランスを保つ。抜栓後、2時間も経つと、湿った香りも顔を出し、それは素晴らしい。
こんなにすごいワインだと、サービスするときにも、思わず顔がほころび、自分が作ったわけでもないのに、誇らしく思ってしまう私・・・

今回最優秀ワインとして表彰された3つのワインは以下のとおりである。

1位:Uberti社 Franciacorta Extra Brut Comarì del Salem 2004
2位:Le Fracce社 Oltrepò Pavese Pinot Nero 2005
3位:Costaripa社 Garda Classico Chiaretto Molmenti 2007

ちなみに3位になったCostaripa社のオーナー兼エノロゴは、Bellavsitaのエノロゴとして知られるマティーア・ヴェッォーラ氏である。

サービスの仕事に専念しなければいけなかったため、会場の写真が撮れずじまい。興味のある方、ぜひイタリアソムリエ協会のニュースレターでビデオをご覧になってください。
http://www.aislombardia.it/articolo.php?id=840

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2010/02/12(金) 22:12:25|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バローロ、バルバレスコの試飲会 | ホーム | アマローネ DOCG>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/76-959b5c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。