イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリアのチーズ 

イタリアの家庭でチーズを切らしてることはまずない・・・
都市部に住む人は、冷蔵庫に、田舎の人なら塊ごとドンと地下の貯蔵室にサラミと一緒に置いてある、というのが一般的。
日本では、朝食にチーズを食べる人も多いけど、イタリア人はエスプレッソかカフェラッテに甘いクロワッサン、ビスケットという簡単なもので済ますのが普通だから、朝食にチーズを口にする人はまずいない。とは言っても甘好きなイタリア人のこと、前日の残り物のデザートのティラミズを朝から食べるのはヘッチャラ!
チーズは昼食あるいは夕食に出てくる。
DSC03971.jpg
最近は、フランスの影響を受けて、メインの後にワゴンサービスのチーズが出てくるレストランも増えてきたけど、家庭ではイタリアではメイン代わりに(要はセコンドとして)チーズを食べる。この場合には、2~3種類のチーズをそのまま食べる。蜂蜜やジャムを添えるようなおしゃれな食べ方も増えてきたけど、誰もがするわけじゃない。
チーズの王様、と言われるパルミジャーノ・レッジャーノはイタリアを代表するチーズ。いわゆる粉チーズとして知られているけど、各家庭には欠かせない。とは言っても、パルミジャーノ・レッジャーノは値段が高めだから、リーズナブルな、よく似たグラーナで代用する家庭も多い。もちろん、北イタリアのトレンティーノ州では、よそ者(!)のパルミジャーノ・レッジャーノより、おらが村のトレンティーノ・グラーナが使われる。
それが中部・南部に行けば、羊のハードタイプのチーズ、ぺコリーノに代わる。熟成したぺコリーノを卸してパスタにかける。
ものぐさの人のために、袋入りの粉チーズも売ってるけど、やはり、熱々のパスタ・リゾットの上にシャッシャッと卸して使うのが普通。料理の余熱でチーズはすぐ溶けるし、香りも楽しめる。
DSC03779.jpg
お料理の材料としてもチーズは欠かせない!
前菜なら、、トマトとモッツアレッラのサラダ・カプレーゼ、モッツアレッラをスライスパンにはさんで揚げたもの、チーズの塩味のスフレ、プリモなら、チーズのリゾット、チーズが入ったラビオリ、ラザニアだって、チーズが必要だし、4種類のチーズで作ったパスタ用ソースも有名、トウモロコシの粉で作ったポレンタに練りこんだっって美味しい。チーズを鉄板で焼いて、ポレンタと一緒に食べるのも最高だ!カルパッチョにも薄くスライスしたチーズが必要だし。
DSC03606.jpg
ここまで書きかけて、チーズを使った料理、なんて書き始めなければよかった、と後悔。
数限りなくある・・・チーズを使わない料理を書きだす方が早いかもしれない・・・
基本的には、シーフードにはチーズは合わない、と言われている。確かにボンゴレのスパゲッティにチーズをかけるイタリア人は見たことがない。そうは言っても、ムール貝料理でチーズを使うレシピだってあるし、例外はいくらでもありそう。
DSC03594.jpg

こんなにチーズたくさん食べるんなら、残って困ることはないんだろうな・・・と思うかもしれない。
ちょっと待って。ハードタイプのチーズの皮は食べないんだけど、その皮捨てない人もいるんだから。皮の表面をナイフで削って、ミネストローネ作るときに入れて出汁取るんだよ。
最近、家庭でやる人は珍しいかもしれないけど、昔は残って古くなったチーズを一口大にカットして、瓶に入れて上からイタリアの蒸留酒グラッパをひたひたになるくらいまで入れて、安置する。時々かき回すのを忘れずに。出来上がりは、見た目はワサビ漬け、食べたらクサヤ!
強烈だけど、これが好きって言う人も多い。

さあ、次回はチーズはどうやって作るか、のお話。

テーマ:チーズ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/10/18(日) 01:07:30|
  2. イタリアのチーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バジリカータ州の旅 | ホーム | イタリアのチーズ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/67-a05493c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。