イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北海道の旅その6

朝風呂を堪能した後(よく飽きないって??毎日3回は温泉に浸かってる私たち・・・)朝食会場へ。
すごい!地元のかぼちゃを練りこんであるパン、北海道の小麦粉で作ったクロワッサン、コーヒー、ジュース、新鮮なフルーツ、ヨーグルト、濃厚なミルク、スープ、イカそうめん、おかゆ(?)、中華から和食、洋食までものすごい量。
恥も外聞もなく、パクつく。 ああ、なんて贅沢! 幸せ!
でも、ゆっくりしてるわけにはいかない。知床を堪能しなければ!
まずは、知床五湖の駐車場へ。
途中エゾシカが路肩でゆっくり草を食べている風景に出合う。イタリアで、よく似たアカシカを見慣れてる私たちだけど、こんなに近くに寄っても逃げないなんて、驚き。エゾシカもアカシカも4月ごろ角が生え変わる。今頃の季節だと新しい角はまだ皮をかぶっているのがわかる。
DSC03415.jpg DSC03361.jpg DSC03366.jpg
残念ながら、知床五湖はクマ出没の可能性が高いとのことで、1湖と2湖しか行けない。尾瀬の遊歩道のように整備された所を歩く。もやがかかっていて神秘的である。クマよけの鈴をつけて歩いている人も多い。クマなんて出てくるはずないのに…放牧の牛みたいであんな鈴なんかつけて鬱陶しくないのかしら???
2湖の脇で、ヤゴがトンボになりつつあるのを見つけた。すごく時間がかかるみたい、、、ヤゴも大変だ。
車に戻り、岩尾別温泉に行ってみることにする。途中エゾシカがあちこちにいるが、こうどこにでもいると、感動も減るってもんだ!
事前にいろいろ下調べをしたのだが、ここに露天風呂があることを忘れていた・・・到着してみると、大自然の中に、硫黄系らしい温泉が!露天は3段になっていて、それぞれ3人ぐらいがゆったり入れる大きさ。脱衣場もないし、林道の脇の混浴だけど・・・あれ~、Pはもう温泉に浸かっている!
水着を持ってこなかった母も服を脱ぎ始めてる・・・ちょっと待って~~~!
というわけで、お互い目をそらしながら、仲よく露天にオールヌードで入りました。ホント、恥も外聞もない3人組。
すっかりいい気分で車に戻り、今度は羅臼を目指す。車窓から、来る時エゾシカがいた河原に何気なく視線を向けると、黒い影が・・・
クマ、クマ、親子連れのヒグマ~~~!!! 
DSC03386.jpg
車から飛び降りて、写真を撮りまくる。みなさん、ヒグマを見たら、私たちのように絶対車から降りたりしないように!後で知った鉄則です。
なんて、ラッキーな私たち。知床まで来た甲斐があった~。夢みたい、ヒグマを見れたなんて。
羅臼では、有名なまるみでイクラ丼を。“小“を頼んだけど、漬物とカニ汁付きで1200円。Pが食べきれなかったくらい、テンコ盛り。ここのイクラは一番美味しかった。
DSC03388.jpg
知床に戻る途中、露天“熊の湯”で汗を流し、ホテルへ。
夕食のビュッフェは豪快だった。北海道の幸はすべて揃っていたと言って過言ではない。なんたって、食べ放題というのが信じられない。カニを食べ飽きた我々3人組は、カニには手を出さなかったけど・・・地ビールも美味しかった。
今夜は、夢でヒグマに再会できるかな?
  1. 2009/07/30(木) 02:23:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道の旅その7 | ホーム | 北海道の旅その5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/57-c9e50606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。