イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

173種類のワイン試飲会!!

ミラノで昨日、Cantine d`Italia(イタリアのワイナリー)2009年度版の出版記念の試飲会が開催された。選び抜かれたイタリアの173社のトップワインが飲めるという、夢のようなイベント!
まずは、スプマンテから。最初の一杯がフェッラーリの Brut Perle`。贅沢すぎる~~!
次はBellavistaのMillesimato。そしてCa` del BoscoのAnnamaria Clementi。私の味覚がおかしいのかもしれないけど、皆が評価するほど私はこのAnnamaria Clementi好きじゃない・・・
白で良かったのは、アルト・アーディジェの
PacherhofのSylvaner、Alte Reben2007。ミネラル香がしっかりしていて、口に含むと、まろやかでバランスもいい。香りより、味わいのほうがより素晴しい。今までSylvanerの美味しいものを飲んだことが無かったのでとっても印象に残った。
大衆ワインのイメージが強いソアーヴェ。Gini社のContrada Salvarenza Vecchie Vigne2006。評価できる。もう今から20年近く前にこのワイナリーのSoaveを飲んで、こんなに美味しいて飲みやすい白ワインがあるんだ・・・と感じた記憶がよみがえる。
フリウリのZidarichのCarso Malvasia2006。フィルターにかけてないから、透明度に欠ける黄金色のワイン。同じフリウリの有名なGravnerのワインのイメージ。特殊な味わいで、スパイスの効いたズッパ・ディ・ペッシェに合いそうだ。
スプマンテそして白を飲み、赤ワインを飲み始めたころは、私の味覚ももう定かじゃなくなってきた。
もちろん、全部試飲したわけじゃないけど、赤で印象的だったのは、きめ細やかなタンニンのVilla MatildeのFalerno del massico Camarato2003と、辛い感じが特徴だけど旨いと思わせたDe ConciliisのNaima2005、有名どころのトスカーナのPercarlo2005。これはまだまだ若すぎるけど将来が楽しみ。QuintodecimoのTaurasi Riserva2004は、今すぐ飲んでも、いい感じの飲みやすいTaurasi。
好き嫌いはあるだろうけど、私のお気に入り、Oasi degli AngeliのKurni2006。チョコレートの香りがいっぱいで、どす黒いほどの濃い赤色のモンテプルチャーノ!
写真を撮るのも忘れて飲みまくリ、千鳥足で帰宅した私でした・・・
  1. 2009/03/27(金) 00:08:39|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリアに帰ってきて・・・ | ホーム | ミシェラン星付レストランのビュッフェ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/49-2400b443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。