イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コルチナの続き

コルチナから北東に12キロほどのところに、ミズリナ湖がある。
この美しい湖の背後に、名山トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードが控えている。
夏には何度か訪れたことがあるのだけど、冬のミズリナ湖が見たくて、足をのばした。
湖は雪に覆われて真っ白(もちろん雪の下は氷!)で、歩いている人もいれば、スキーで湖の反対側まで移動している人さえいる。
この湖のすぐ脇にも小さなスキー場がある。コルチナの穴場と言えよう。
日本の旅行会社のツアーで夏のミズリナ湖に立ち寄った人は多いと思うけど、冬のミズリナ湖はひっそりとしていて、またそれなりに魅力的である。

DSC02820.jpg DSC02822.jpg

湖に行く途中にあるトゥレ・クローチ峠、その名のとおり、3つの十字架が立っている。そのすぐ裏にはノルディックスキーのコースがある。モミの林の中を、ゆっくりスキーで歩くのも、自然と触れ合えて楽しそう・・・
最終日は、チンクエ・トッリ山のふもとへ。気温はさほど低くないのに、強風で体感温度はとっても低く感じる。向かい風と戦いながら、ファルツァーレゴ峠に行き、そこからロープーウエイでラガツオーイ山(2835メートル)まで上がる。ここから、反対側のふもとアルメンタローラまでの6キロのコースは中級者でも安心して滑っておりれる。ドロミテの山々の間を滑る醍醐味が楽しめる。
途中には、木造の小さな教会、イタリアの前首相、ロマーノ・プローディや素晴しいワインの生産者として世界に名を知られるアンジェロ・ガイヤも立ち寄ったヒュッテ、スコトーニ、氷の滝がある。
最後の平らなコースは馬車に引かれて、アルメンタローラに到着。

DSC02867.jpg DSC02872.jpg

5日間のコルチナのスキーに、大満足!
2015年のアルペンスキーの世界選手権の候補地にもなっているが、リフトがちょっと古めかしいのが欠点・・・
幸い私たちが行った時は快晴続きだったけど、カバー無しのリフトばかりで、雪が降ってる時だったらちょっと辛そう・・・
  1. 2009/03/17(火) 04:54:07|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミシェラン星付レストランのビュッフェ | ホーム | コルチナ・ダンペッツオ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/47-90226723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。