イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

アカシカ

先週も山は大雪だった。
気温が高い上に大雪が降ったので、雪崩の危険がある。
私たちの山の家への道は、公には冬は閉鎖になっているので、1,4キロの道を市は除雪してくれない・・・
日曜日、ミラノから車に乗り山の家の手前の除雪されている村まで行く。
雪が多すぎて、除雪が間に合わず、村の中の道は、やっと車が1台通れる幅である。
この大雪で困っているのは人間だけではない。
山に住む動物たち・・・例年なら前足で少し雪をかきのければみつかる枯れ草なんだけど・・・
空腹で歩けなくなったアカシカを村の人が見つけた。
普段人間を見かけたら、一目散で逃げるアカシカが村のはずれの雪の中でうずくまっていた。

DSC02657.jpg

あらかじめ、シカにあげようとミラノで1週間溜め込んだ野菜のクズの袋を空け、白菜(!)を小さく切ってあげたけど、食べない・・・パンをあげたけど、これも食べない・・・
そばにある木に、枯れたエンドウのさやみたいなのがついてるので、それを取ってあげたら、食べ始めた。
立ち上がるエネルギーもなく、警戒心も失せ、私の手から直接食べる。

  DSC02660.jpg  DSC02664.jpg

警察も来て、1歳のメスと判断され、下の村にあるシカの保護所に車で連れて行くことに決まった。
保護所では、ミルクもあげるとのこと。
もうすでに、空腹のために保護されたアカシカが5頭いる。
でも、そこにいると人になれてしまって、春になっても山へ戻すことができなくなってしまう。
狩猟の人が行くと、近づいてしまうのだ・・・
哀れである。

お腹がペコペコで動けなくなっていたら、お母さんからいつも注意されてた、絶対近づいちゃいけないあの2本の足で歩く動物が助けてくれたんだ・・・って思ってるんだろう。
春になったら、保護所に会いに行くからね。

後ろ髪を引かれる思いで、山の家へ向かう。
チャスポラと呼ぶ裏に爪のついたプラスティックでできた和カンジキを付け、歩き始める。
唐松ともみの木の中にある道なき道を。

DSC02671.jpg DSC02681.jpg DSC02674.jpg

40分ほどかかって、たどり着く。
暖炉に薪をくべると、連れ合いは屋根に上って雪下ろし。今年はもう3度目の雪下ろしだ。
明日はスキーに行くぞ~!

  1. 2009/02/11(水) 06:35:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<スグレモノ | ホーム | ラビオリ、チキン>>

コメント

しかちゃん

いやー、食べちゃったのかと思い、焦りました(汗)。
かなり憔悴しきってますね。かわいそうに。
山の家なんてお持ちなんですか!なんてセレブ!
しかし凄い雪ですね。あんまり暇なんで、来週末にコルバラに行きたいのですが、ホテルが全然空いてない。高いホテルは空いてますが・・・。
恐るべしアルタバディア!
  1. 2009/02/12(木) 02:02:06 |
  2. URL |
  3. ちゃこ #SkpZqjko
  4. [ 編集]

山の家、って言ったらかっこいいかもしれないけど、小さいんです。セレブとは程遠い!夏に作ったチーズを保存しておく小屋だったらしいけど、それを建て直したもので、人里離れたところにあって、マニアックな世界です。
いつか、来てくださいね!
やっぱり、今年は日本からのお客さんが少ないんですね・・・
コルヴァーラ!私もドロミテ好きです。私は3月上旬にコルティナに5日ほど行く予定です。でもやっぱり高いので、13キロほど離れた下の町のホテルに泊まるつもり。プール付のフィットネスセンターがあるので、ルンルン!
2食付64ユーロ。安いでしょ?
  1. 2009/02/12(木) 04:49:38 |
  2. URL |
  3. 管理人より #-
  4. [ 編集]

日本は妙にあったかく、今日(13日の金曜日!)は春一番が南の方から吹き荒れているそうな・・・。2月って1年で一番寒い月じゃなかったっけ? それにしてもすごい雪ですね。ミラノも?

アカシカちゃん、山には戻せないんですね・・・。しょうがないのかもしれないけど切ないな。
  1. 2009/02/13(金) 21:17:58 |
  2. URL |
  3. Tomokoです #7gn4CSjE
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/42-539df782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)