イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南イタリアの旅その4

マテーラからアルベロベッロにも行った。南イタリア小都市ツアーには欠かせない世界遺産の町だけど、正直観光地化しすぎていて、私達に人気があったのは宿泊地であるマテーラの町だった。ここも世界遺産であるが、洞窟住居の町として知られるマテーラをグラヴィーナ渓谷の反対側から見ると、何千年もの間にこの町がどう変化していったかがよくわかる。

マテーラ マテーラ1 マテーラ2

南側に当たるカヴェオーゾ地区が最も古い部分で現在は廃墟になっているところが多い。北側に当たるバリザーノ地区は洞窟と言うよりは、凝灰岩を使って作った住居が多い。グラヴィーナ渓谷一帯には洞窟教会がたくさん残っている。車で展望台まで運転してくれたマイクロバスのドライバーは、洞窟教会はぜひ見たほうが良いよ!と自ら案内してくれた。なんか、その気持ちを踏みにじるのは申し訳なくって、皆で凝灰岩の滑りやすい山道を下った。

      洞窟教会

日暮れ前のマテーラの町・・・何世紀もの歴史を語るこの町を前にして、自分がとっても小さく感じられた。

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

  1. 2008/10/20(月) 05:56:34|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソンドリオのレストラン | ホーム | 南イタリアの旅その3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/26-25c7302e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。