FC2ブログ

イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

Cantina Antonio Caggiano (ワイナリー:アントーニオ・カッジャーノ)

カンパーニャ州の内陸部、正にタウラージ村にあるこのワイナリーを訪れたのは、もう10年以上前の、確か11月頃だったような気がする。
収穫が終わり、真っ赤に紅葉していたタウラージのためのアリアーニコの畑が印象的だった。

写真家としても活躍するオーナーのアントーニオ氏は、ヴィーニャ・マッキア・デイ・ゴーティと言う力強いタウラージを作っていた。
タウラージが、南のバローロと呼ばれていた時代だった。

20年ぐらい瓶熟しないと、力強くて飲めない、、、そういうワインだった。

今回のヴィーニタリーで、彼のブースの前を通り、懐かしくなって立ち止まった。
とても魅力的なファランギーナ(窒素の含有量が高いブドウとのこと)とフィアーノ、そして果実香にあふれるアリアーニコ100%のサラーエ・ドーミニを飲んだ後、トップ商品であるマッキア・ディ・ゴーティを試飲。
taurasi.jpg
ビンテージは2015。
その飲みやすさに唖然とした。。。。私が知っている彼のタウラージはこんなじゃなかった。。。
特別に、、、と言うことで2005を飲ませていただく。。
おお、お前こそ、アントーニオ・カッジャーノのタウラージ! 2015より、タンニンがしっかりしている。
聞けば、醸造方法を変えたとのこと。昔ながらの造り方は、現代の味覚に向いていないから、と言う理由で。

最近は、29個の樽板からなるバリックを使用しているそうだ。
それまで使っていたバリックは、もっと少ない樽板で作られていた。
樽板の数が増えれば、板と板の間(継ぎ目?)から、わずかではあるが空気が内部に入り、酸化が進み、まろやかなワインにある、というわけだ。
今まで何千個ものバリックを見てきたし、バリックの工房見学もしたことがあるけど、、、樽板の数なんて気にしたこともなかったし、初めて聞いた話。

barriques2a.jpg
(アスティにあるガンバ社のバリックの写真拝借)

こんな貴重なことを知ることができるのも、ヴィーニタリーの魅力。
  1. 2019/04/14(日) 04:49:15|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | オヴァーダのドルチェット>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/250-969ada5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)