イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

ポレンタのために


           26239117_1004114246392914_9166243566713940723_n.jpg

写真のおろし金は、なんと、、、乾燥させたトウモロコシを削って粉にするため。
そうです!ポレンタのために。
ポレンタって、北イタリアのイメージが強いかもしれませんが、イタリアを南北に走るアッペンニーノ山脈の山麓なら、南イタリアでも食べる習慣があるのですよ~。
トウモロコシを南米からイタリアに持ち込んだのは、コロンブス。もとはと言えば家畜の飼料でした。でも、寒冷地に住む人々が冷害で小麦を手にすることができず、飢えしのぎに食べ始めたそうです。ナポリやローマ当たりの人は、北イタリアの人たちを”ポレンタ食い”と言ってバカにします。(笑)

      26229935_1007172282753777_5906777239069619931_n.jpg

イタリアの北東では、白いトウモロコシから作った白いポレンタもあります。
ポレンタしか食べれなかった貧しかった時代には、ビタミンBの欠乏により、ペラグラという病気にかかった人が大勢いたそうです。
日本人の口には、あまり合わないかもしれませんが、すでに味覚がイタリア人化している私にとっては、冬の欠かせない一品です。


  1. 2018/02/14(水) 03:49:27|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メルロー | ホーム | フィロキセラ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/232-2561868a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)