イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

南イタリアの旅その2

宿泊先のアマルフィのホテルの部屋のベランダからは美しい海が一望できる。

amalfi1.jpg amalfi2.jpg amalfi3.jpg

車でナポリの近くのエルコラーノへ。ポンペイと同じように紀元後79年のヴェスビオ火山の噴火によって埋もれた町。火山灰に埋もれたポンペイと違い、ここは流れ出た溶岩に覆われたので、発掘は大変だが、より完全な状態で残っている。海の近くの町で、当時は別荘地だったそうだ。屋敷の中のモザイクの祭壇も素晴らしいが、ワインやナポリ風ショッツル(コラトゥーラ)を売っていたと思われる店構えも興味深い。

エルコラーノ エルコラーノ1 エルコラーノ3

エルコラーノ4 エルコラーノ5 エルコラーノ6

ランチは遺跡のすぐ近くのHeraklesという店で。地下に案内され、想像以上にお洒落な店内にびっくり。案内するのも、注文をとるのも、ワインをサービスするのも、料理するのも、すべてオーナーらしき人。アンティパストで注文したエビとイカのフリットの新鮮なこと!パスタがチョ~~~アルデンテなのはさすがカンパーニア!

ランチランチ2

ワインは、赤。アリアーニコだけど、バジリカータ州の作り手Biscegliaのアリアーニコ・デル・ヴルトゥレのTerra di Vulcano2003。たった15ユーロ! ちょっと後味でほろ苦味があるけどなかなか好評だった。ランチは軽めにしておいた、なぜなら今夜はラヴェッロのホテルPalazzo Sassoの中にあるミッシェランの星付きレストランRosselinisを予約してあるのだから!
Rosselinisのテラスからの眺めは筆舌尽くしがたい美しさ・・・・・

cena1.jpg cena2.jpg cena3.jpg 

夏ならこのテラスで食事が楽しめるとのこと。今夜は中でマンドリンを聴きながらの夕食。
創作料理で見た目はとってもきれい。でも私はどちらかというと伝統料理のほうが好き。でもたまにはこういう料理も悪くはないけど。

cena4.jpg cena5.jpg cena6.jpg

ワインはアマルフィの近く、フローレという地域で作られるピエディロッソとアリアーニコの混醸タイプの赤。Furore Rosso RiservaとRavello Rossoを注文。私は前者のほうが気に入った。
このワイナリーの白、Fiorduvaは私の大のお気に入り!RipoliやFenile、Ginestraというまったく無名の地ブドウで作った貴重なワイン。
その後はMastroberardinoのTaurasi 1999のマグナムを注文!昔これを飲んだときはもっとタンニンがしっかりしてたような気がするんだけど・・・・
明日はアマルフィを後にして、カゼルタの王宮の観光、そしてマテーラへ行きます。


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/30(火) 04:27:08|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しつこい勧誘の電話 | ホーム | 南イタリアの旅>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/23-e8c69e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)