イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラッパ工場に突入!

蒸留所に行ってきました。
もちろん仕事がら蒸留所に行ったことは数回あるけど、今回はちょうどいい季節!
ブドウのアルコール発酵が終わり、ワイナリーからブドウの粕が運び込まれ、今まさに蒸留の時。
12月上旬。

今回訪れたのは、ピエモンテで最初に蒸留所としての許可を得たアルバ郊外にあるSibona社。その歴史は100年近く。
ここの商標に“1”という数字が入っているのがその証拠。

DSC04162.jpg


もちろんSibona社の目玉送品は、近くのランゲ、ロエロ地方のワインを造った後に残るブドウの粕を蒸留して造るグラッパ。
グラッパと言う言葉は、ブドウの粕から造った蒸留酒、それもイタリアで手にしたブドウの粕を利用し、イタリアで造った場合のみに使える商品名。
これは欧州共同体の法律なので、例え、日本で同じ方法で造ってもグラッパと名乗るのは違法!

DSC04149.jpg

我々が到着した時には、敷地内でトラクターがちょうどブドウの粕を工場内部に送り込んでいる最中。
ブドウの粕からは、蒸気が上る。醗酵して温度が上がっている証拠!

DSC04153.jpg

説明してくれる案内の人曰く、
“白ブドウの粕はすぐ使えないので、まず発酵させます。ですから、グラッパ造りは、まず黒ブドウの粕から作業が始まります。”
とのこと。 1tの粕から手にできるグラッパは10リットル。

通訳を務める私としては、理由がわからないことを単にイタリア語から日本語に訳すのは、自分のプライドが許さない。。。

なぜ、先に黒ブドウなの????
残念ながら案内してくれた社員は、その理由を知らない。
????????
????????

さすが!!! 我グループは、ブドウの生産者と醸造家の集まり!!
理由はすぐに判明。
赤ワインを造るときは、ブドウの皮も種も入れてアルコール発酵(要は醸し)するけど、白ワインを造るときは、一般的にはブドウの皮は一緒に入れない。
だから、ここに運ばれてくる黒ブドウの粕は、すでに醗酵してるけど、白ブドウの粕は醗酵していないので、敷地内で醗酵させてから蒸留しなければいけないってわけ。
となると、最初に蒸留するのは黒ブドウになる。
この、醸しをしていない白ブドウの粕のことをバージンと言うらしい。

DSC04152.jpg

内部に入ると、見上げるほどの高さの蒸留塔が並んでいる。
連続式と単式の蒸留装置がある。
連続式だと大量生産が可能だ。

DSC04159.jpg

ワイナリーの注文により、特別にワイナリー名の入ったグラッパを造る場合は、彼らはブドウ粕を持ち込み、蒸留所はできたグラッパを渡す。蒸留代金は取られない代わりに、それ以外のブドウの粕は寄付する、というシステムになっているらしい。

連続式の蒸留装置のシステム化した図を参考までに。
気化の差を利用し、有毒なメチルアルコールや、好ましくない香は排除される。

DSC04158.jpg

DSC04157.jpg

Sibona社は、木の樽で寝かした何種類ものグラッパが有名。
ポートや、マディラ、シェリー、テネシーウイスキーに使用した樽で半年ほど寝かした琥珀色のグラッパ。
ヴィンテージ付きのグラッパもある。

DSC04172.jpg

DSC04170.jpg

ショールームを兼ねた試飲ルームにずらりと並ぶグラッパ!
よほどのことがないとグラッパは飲まない私。。。アルコール度数は、40%以上。。。それにまだ11時。。。
でも、でも、どうして飲まずにいられようか???
バローロのグラッパの1993年、なんてすごいものもある。。。
なんだかんだで、10種類以上は飲んだかも。

DSC04161.jpg

私のお気にリは、シェリーの樽で寝かしたグラッパ。エレガントでちょっとほろ苦味があり、ほのかなシェリーの香りがおしゃれ。

蒸留所訪問も楽しい。。。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/12/14(土) 03:20:45|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ナンバーワン・レストラン | ホーム | ブロヴァーダ(蕪の漬物イタリアバージョン)>>

コメント

Sibonaは、この前のピエモンテ・グラッパ・ツアーで、いったけどお休みだったところ~!すっごい立派だよね。
すっかりグラッパ、それもリゼルバにはまってるよ。シェリーとかパッシートの樽使いとか、グラッパって、自由度が面白いよね~。
他の蒸留所も行ったのかしら?是非記事にしてくださいな~、このようにきっちりと書いてくれると、本来きちんと勉強する気のない永遠の素人のわたしには、とってもありがたいです。
  1. 2013/12/14(土) 08:40:22 |
  2. URL |
  3. mari #swS.pImU
  4. [ 編集]

Mariさんへ

こんにちは~~!
Sibonaは近代的、立派。職人芸っぽさがないのが残念だったけど。。。。
でもいろいろ試飲したグラッパは美味しかった。。。
蒸留所は、今回はここだけしか行かなかったのよ。
又、がんばって更新するように努めま~す!
  1. 2013/12/19(木) 05:46:53 |
  2. URL |
  3. 管理人より #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/211-3c2606f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。