イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワールドカップ・ダウンヒルレース

今日は、ウェンゲンでアルペンスキー・ワールドカップのダウンヒルのレースがあった。
TVにかじりつくように見る私。
結果は、イタリアのインネルホーフェルが完璧に近い滑りで優勝!
4400メートルのテレビの前でもドキドキしちゃうコースを彼らは2分30秒以内のタイムでかっとばすのだ!
ワールドカップのダウンヒルで一番長い、難しいレースをイタリア人が制覇! 
今シーズン、イタリア人は5レースのダウンヒルで3回、優勝してる!

以前はダウンヒルなんて、まっすぐ滑ればいいだけ! 度胸があるかないかの差よ!
と思ってた私。

でもスキーの練習仲間から、毎年、年末にイタリアのボルミオで開催されるワールドカップのダウンヒル、一度は見に行ったらいいよ!って言われていて、ついに実現!
12月29日。あのレオナルド・ダ・ヴィンチも浸かったと言われる温泉がある、ボルミオスキー場へ。
マドンナ・ディ・カンピーリオのスラロームでは、ゴール脇のチケットを買ったけど、ダウンヒルはゴールで見ても迫力に欠けるだろう、と思い、選んだのが、レース半ばにある有名なサン・ピエトロのジャンプの少し上のチュックという地点。
ここまでは車でたどり着ける。前もって、ホテル兼レストランであるBaita De Marioに連絡し、そこのテラスからレースが見れることを確認。
当日そこまで行ってオッタマゲタ!
車から降りた私の前に広がるコースに私は息を飲んだ。。。
テレビで見るのとは大違い。こんなコースを滑り降りるなんて、人間業じゃない!
ショックだった。。。
言葉を失った。

そして、私が選んだBaita De Marioは、なあーんと、なあーんとイタリア人チームの宿泊しているホテル。
コーチ、トレーナー、そして選手がすぐ脇を通り過ぎていく。
なんてラッキーな私!
こんな人間業とは思えないところをカッ飛ぶ選手たち、近くで見れば皆フツーの人。そして全然緊張してる様子はない。
その昔、私も富良野でダウンヒルのキャンプなんてものに参加したことがあったけど、スタート地点まで行くケーブルカーで私は手に汗かいてたっけ。。。

イタリア人選手ドミニック・パリスが前を通る。
“パリス! チャオ! フォルツァ(ファイト)!”
と声をかけると、うれしそうに笑顔を返してくれた。
この彼がその1時間後にこのレースのヒーローになるとは!

スタート前に選手は一度宿舎に戻るらしい。スタート時刻は11:45。
私の横をあのワールドカップのヒーロー、ノルウエー人のズヴィンダルが通る。
カメラを向ける私に気付いて、こんな素敵な笑顔を!

ズヴィンダル

2007年、ダウンヒルのトライのクラッシュで、半身不随になりそうな大けがをし、見事カムバックした彼。
NHKのミラクルボディーで彼をご覧になった方も多いかも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

ハンサムで、気さくで、本当にナイスガイなんだから!
世界的なスターで、それが証拠にモナコ王国のアルベルト2世の結婚式にも招待されちゃうような有名人なのだ。
そんな彼に、こんな笑顔向けられちゃうって幸せ(おいおい、単純すぎるぞ!)

このボルミオのレースは、大変テクニカルで、ここを制覇するのは、真のダウンヒラーのみ、と言われている。
昨日コースのゴール付近は雨だったそうで、コースは硬い。でもレーススタートが遅いので、太陽の当たる場所はバーンが少し緩んでくる可能性もある。

ベテラン選手が、ゴールした後15分間息が切れない、ともいわれる。
コース中盤にあるサン・ピエトロのジャンプがすぎると、足がよれよれになってしまうんだそうだ。
残りは気力で滑るのみ、とのこと。
なんだ、なんだ、ワールドカップの選手ってたいしたことないのね、なんて思っちゃいけない。
彼らは200キロのバーベルを軽々上げちゃうんだから!

フツーに見えたパリスも実は体重が100キロ以上だって。

イタリア人のトップバッターであるへールがベストタイムを出す。
ゼッケン10番のパリスの前に滑った選手がコースから飛び出し、レースが中断。
この彼、ミスしたわけではなく、足が萎えてしまってコースアウトしたのがわかる。

選手にとって、自分のスタートの直前に、それもダウンヒルのレースで、レースが一時中断することほど嫌なことはないだろう。。。
パリス・スタート。
このサイトから画面をクリックするとパリスのレースが全部見れます!

http://it.eurosport.yahoo.com/video/29122012/45/bormio-vittoria-dominik-paris.html

スピードに乗り、エッジを立て過ぎずに、後半で鋭いラインを狙いトップに躍り出る。

腰痛で苦しんでいるインネルホーフェルは9位。

オーストリア人ライケルがパリスと同タイムで優勝が2人。
たった0,01秒差(!!!)でズヴィンダルが3位。
0,02秒差のクローエルは、表彰台に上がれず4位。
2分近いこの難コースで、トップから、わずか0,04差で表彰台に上がれない、なんていう名レースは史上初めてである。

表彰式後のインタビューで、パリスは、今日の僕はインネルホーフェルより、クレージーだったよ。
後半で、足はよれよれだったけど、命をかけて滑った、とその喜びを語った。

2年前のパリスのダウンヒルのレースのビデオを見たけど、彼の成長ぶりは素人目でもわかる。
安定し、ハイスピードに負けない、素晴らしい滑り。まだ22歳の彼。2月の世界選手権が楽しみだ。

お邪魔したテラスのあるレストランで家人とパリスの優勝に乾杯! 
地元のヴァルテッリナのワイン、Mamete PrevostiniのSassella 2009年。

DSC01405.jpg


下の写真は、レース後ホテルで選手たちの乾杯している様子。
真中にいるチェックのシャツ、白ズボンがパリス!
やっぱりデカイかな??

IMG_4762.jpg


この写真は、このホテルのマダムがわざわざ送ってくれました。ありがとう!
スキー場のど真中、伝統料理も美味しいし、値段も良心的、宿泊もできます。
ボルミオに行かれる方、お勧めです。http://www.baitademario.com/
朝、外に出たらそこはゲレンデ!


1970年代、イタリアの男子チームは、青い雪崩(ヴァランガ・アッズッラ)と呼ばれスキーレース界のヒーローだった。グスタボ・トエニやピエロ・グロスたちである。
今、このスピード種目もイタリア選手の集団は青いハイスピード(アルタ・ヴェロチタ・アッズッラ)AVAの頭文字で呼ばれている。
ちなみに青、ブルーはイタリアのスポーツ界のカラーである。

さあ、世界選手権まで後1カ月弱。
ガンバレAVA!!!期待してるぞ!


スキーのレースがお好きな方、機会があったら、ぜひぜひ本物のワールドカップのダウンヒルのレース、ご自身の目で実際に見てください!
テレビで見るのとは、全然迫力が違う!


テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/20(日) 07:16:47|
  2. スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬のイタリア、食い倒れツアー!! | ホーム | 出会い。。。再会。。。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/203-158321c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。