イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モンテ・ヴィオズ

長かったイタリアの学校の夏休みも終わり・・というわけで各地のロープーウエイもこの時期を前後に冬のスキーシーズン到来まで営業停止するところが多い。
その前に、久しぶりにモンテ・ヴィオズという山に登ることに決めた。
トレンティーノ州にある標高3765メートルの山だ。
ロープーウエイとリフトを乗り継げば2300メートルの地点まで行き着ける!
この山に登るのは今度で3度目。標高が高い割には、結構簡単に登れるし、頂上からは素晴らしい氷河がある有名なサン・マッテーオの山が手に取るように見れるのも魅力。でもなんと言っても、今年の8月に登ったモンテ・チェヴェダーレの頂上が見れるのだ!
早起きして、ミネラルウオーターで有名なペイオの町まで行き、そこからロープーウエイとリフトに乗る。
この山の頂上のすぐ下にはヒュッテもがあるから、お弁当を持つ心配もない。
晴れてはいるものの、もう9月も半ば。汗をかいてもすぐ冷えて、結構寒さを感じる。
2時間で900メートルの標高を登ったけど、その後が辛い・・・

vioz1.jpg vioz2.jpg vioz3.jpg

すぐ真上に3535メートルのところにあるヒュッテが見えるのに、肩がこって、リュックが重く感じる。
もう今度で3回目、何てことないさ!という安易な気持ちで来たバチがあたったのかもしれない。
負けず嫌い、というくせものの性格を持ち合わせている私は、他の人に追い抜かされるのは我慢できない・・・必死に登ってへとへとになってヒュッテにたどり着いた。
少し休憩してから15分ほどの距離の山頂へ。
数年前に比べたら、氷河の雪はずいぶん減ったけど、残っている雪の上を歩いて到達!
イタリアの有名な山の頂上には、ヘリコプターで運んだ十字架が立っていることがよくある。

vioz4.jpg  vioz6.jpg  vioz5.jpg

下山途中で、アイゼン・ピッケルを持った登山者とすれ違った。ヒュッテに一泊して、明朝、モンテ・チェヴェダーレまで氷河を横断するそうだ。
いつか私も挑戦したい、と思いつつ、重い身体を引きずりながら帰路に着いた。
ア~、今日は最悪の体調だった・・・

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/20(土) 01:10:17|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<試飲会 | ホーム | モクセイの香と>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/20-8d0a4c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。