イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

ワインを知るための手引き

今年もイタリアソムリエ協会ロンバルディア州のガイドブックが完成!

今までは秋にテースティングをしていたのだけど、今回は8月に審査を実施。
暑い中、フルボディーの赤ワインをテースティングするのは大変だったけど。。。。

ガイドブックのお披露目式:

DSC01186.jpg


このガイドブックが出版されるようになって、今年で8年目。
思えば、私が審査員を務め始めてもう数年経つ。今回は50人ほどのメンバーで4日間かけてテースティングを行った。
年々立派に、そして充実していくガイドブックを手にすると、やっぱりうれしい。
ロンバルディア州の選び抜かれた225社、759種類のワインが掲載されている。
それぞれのワイナリー情報、そしてワインの生産本数、ブドウの種類、醸造方法、培養酵母使用か否か、酸化防止剤含有量等が、見やすく詳細に記載されている。そして、消費者にとって一番気になる値段も書いてある便利なガイドブック。
ここに載っているワインは、全て我々審査員がブラインドテースティングしたもの!
各審査員が点数を与え、それを集計した結果である。
ロンバルディア州のワインを知る上で、これ以上の手引きはない。

え? でもロンバルディア州のワインって、どんなの?って思う方に:
スパークリングワインでシャンパーニュに次いで重要なフランチャコルタ、フルボディーの赤・ヴァルテッリーナ、最近めきめき良質なものが登場しているオルトゥレポー、貴重なデザートワイン・モスカート・ディ・スカンツィオ、きりりとした飲み心地とコスパの良さが売り物のルガーナ、等々。

お披露目会には、なんと、1965年にイタリアソムリエ協会を創設したJean Valenti氏も参加。
彼は、フランス人で、当時すでにパリでソムリエとして知られており、ソムリエの必要性を感じたミラノの著明レストランが、彼をイタリアへ呼び寄せた。Valenti氏は、イタリアの現状を見て、ソムリエの仕事の重要性を伝えるために、イタリアにソムリエ協会を創立し、最初の教鞭をとったのである。
彼のイタリアソムリエ協会の会員証を見せていただいた。

ナンバー “1”!!!

イタリア女性と結婚して、もう長い間イタリアに住んでいらっしゃる。
ミーハーかもしれないけど、一緒に写真を撮らせていただく。
DSC01189.jpg
お披露目会の後開かれたルガーナワインの試飲会で、お元気にワインを試飲していらした。
いつまでも、お達者でいられますように、と祈らずにはいられなかった。

この優れものガイドブック、今年から、イタリア各地にある本屋Feltrinelliでもお買い求めいただけるようになりました。
ロンバルディア州のワインに興味のある方、必見です!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/29(木) 08:01:22|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スキー・ワールドカップ・湯浅選手3位 | ホーム | パネットーネ大会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/199-6fff33de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)