イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピエモンテにて

10月のピエモンテ。。。。。
バローロやバルバレスコの生まれるランゲ地方。
例年より2週間ほど早くブドウの収穫が終わり、人気のないブドウ畑。

DSC01063.jpg

DSC01053.jpg

DSC01095.jpg


この美しさに、余計な言葉はいらない。

ネッビオーロと言うブドウの品種。
これは樹齢80年近くのネッビオーロ!

     DSC01052_20121110053018.jpg

ネッビオーロと言う名前は、ネッビア(霧)と言う言葉からきた、と言われる。
ネッビアが出るころに収穫するブドウだから。

DSC01046.jpg



ワイナリーでは、バローロになるマストのアルコール醗酵が終わりつつある。
飲ませていただいた。
フルーツの香り、まだまだ青いタンニン。ネッビオーロとは思えない濃い色。

     DSC01056.jpg


レストランでは、白トリフづくし。。。。

DSC01065.jpg

DSC01093.jpg



今年は白トリフの値段が去年の倍近く。。。。冬は雪が少なかったし、夏は雨が降らず、猛暑だった。秋になっても気温が下がらない。
だから、白トリフが不作。。。。
アルバのトリフ市での白トリフの値段は、一キロ500ユーロ前後。

これから寒くなるのだろうか。。。。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/10(土) 05:27:49|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワインセミナー | ホーム | もう山は銀世界>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/195-0adb58a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。