イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

くつろぎの旅

最近、ちょっと落ち込み気味の私。。。。
ジムからの帰り、時々バス・タクシー専用道路を車で走ってたのだけど、その罰金が。。。。
2回で合計180ユーロ。ガ~~~~ン!!
一般車もたくさん走ってるから大丈夫って信じてた私がアホだった。

そして作って4年も経たないメガネがコートはげ。4年前値切って500ユーロだった。
新たに注文したら、、、、、600ユーロ(値切って値切って、この値段)
ガ~~~~ン、ガ~~~~ン

落ち込んでいてもしょうがないから、先週訪れたアルト・アーディジェの旅のお話:
泊まったのは、アルト・アーディジェの州境に近い、トゥレンティーノ州のロンゾーネという村にある5つ星ホテル。Orso Grigioオルソ・グリージョ。http://www.orsogrigio.it/

ミッシェランの星付きのレストランのOrso Grigioのオーナーであり、シェフとソムリエの双子の兄弟が数年前にオープンした部屋数10だけのホテル。

DSC00702.jpg

彼らが目指すものは、くつろぎの世界。
今回私たちが選んだプランは、夕食も朝食も部屋でのサービス。
でもその前にスプマンテと、おつまみのサービス!

    DSC00707.jpg

これがアぺルティボのおつまみとは思えない量。
その後に始まるディナー。メニューから私たちが選んだのは:

DSC00719.jpg DSC00720.jpg
左側は私が選んだ淡水魚のパテ。
右は我連れ合いのチョイス。トマトのババロア。絶妙な味!

DSC00723.jpg DSC00724.jpg
左はこのレストランの先代の双子のお父様のレシピで30年間前のキノコのタリアテッレ。
右は、この地方の名物料理、カネ―デルリ(硬くなったパンにチーズやサラミを混ぜて作ったお団子風)

DSC00725.jpg DSC00726.jpg
左は、マッシュポテトと煮込んだホロホロチョウ。美味しかった~~~(でももうお腹がはちきれそう。。。)
右は、エビとかぼちゃのクリーム

ワインは、この近くのピーノ・ネーロ! 2007年。当たり年だし、コスパもよくて満足! (ワインの値段が良心的なのもこのホテルの魅力の一つ)
          DSC00727.jpg


締めくくりのデザートは:
DSC00730.jpg DSC00729.jpg

*****************
朝9時にお部屋に運ばれてきた朝食。
       DSC00731.jpg

持ち込みをした(5つ星に泊まって、スプマンテを持ち込むのは私たちぐらいだろうな~)スプマンテを冷蔵庫から出し、朝食とともに。
こんな勝手なことができるのも、お部屋での食事ならでは!(皆さん、真似しないでくださいね!!!)

贅沢で、リラックスした2日間。
ワインの品揃えも素晴らしいので、お近くにお寄りの際はぜひどうぞ。
素晴らしいセラーの見学も可能です。
ワイン担当は、双子のレンツォ氏。イタリア国営放送RAIの“Prova di cuoco”によく出演するクリスチャン氏はシェフ(この日も放送が終わりローマから戻ったばかりだった)

さあ、今からイタリアのピーノ・ネーロの故郷、イタリアで一番素晴らしいピーノ・ネーロが育つMazzonに行ってきま~す!
次回のブログ、お楽しみに!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2012/10/06(土) 06:19:30|
  2. イタリアの宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MAZZON ピーノ・ネーロ | ホーム | 登山、極め付き!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/189-96fef3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)