イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エーデルワイス

猛暑だったこの夏。
そのせいか、初夏に咲く花が2回咲いたり、虫が以上に繁殖したり。。。。
エーデルワイスに何度も出会ったのも、このせいかな?

まずは7月下旬に登ったカモニカ渓谷のチーマ・ブレス。
山頂に大きな鉄製の十字架が建っている。標高は2826m。
そんなに高くないけど、ハイキングの軽い気持ちで行くと、辛いかも。。。。
山頂下は、エーデルワイスがいつも咲くので、それも楽しみで出かけた。

私がリンクさせてもらっている、私が拝み奉る(?)登山家、ダボス在住の飯野ひさこさんのブログ(http://blog.livedoor.jp/hisako_iino/atom.xml)にも書いてあったけど、最近は登山者が登る山は限られてしまって、それ以外のところは山道も荒れ、人影も薄い。
今日も、誰にも会わず。。。。
私たちを待ち受けてくれてたのは、100個以上咲いていただろうエーデルワイス。
こんなたくさんのエーデルワイスを見たのは、今日が初めて。
DSC00523.jpg DSC00524.jpg


実は、私たちの山の家の庭にも、エーデルワイスが植えてある。もう10年以上経つけど、寒さにも雪にも負けず(二宮金次郎???)毎年可憐な花をつける。

     DSC00670.jpg

それが、、、、、窓の下に置いてあった、手入れを怠っているプランターに、なんとエーデルワイスが自生した!
春、すくっと伸びた薄緑色の葉を見て、アレ? エーデルワイスに似てる、、、でも、、、、あり得ない!
それが、7月に3つも大きな花をつけた。(エーデルワイスの大きな花って、ちょっと不釣り合いだけど)
見て、見て!!!

     DSC00668.jpg

で、よ~~~く考えた。
そう言えば、2,3年前、冬、殺風景なプランターに、ドライフラワー状態になったエーデルワイスを刺したことがあったっけ。あれが種で自生したんだ~~~!

その後も2箇所の山でエーデルワイスに出合った。

     DSC00620.jpg
これは、パッソ・トナーレ(トナーレ峠)の北、ヴィア・フェッラータで出会ったエーデルワイス

よく見ると、我が家のエーデルワイスは、栽培種(園芸店で買った)で、花弁の数が多い。(これ花弁って言うのかな?)
野生の方が、花弁が少ないね。

今年は、エーデルワイスの年???

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/09/09(日) 04:32:00|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポルチーニ不作 | ホーム | 登山三昧>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/186-ac2516d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。