イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アグリで子ヤギを堪能

ミラノサローネの通訳の仕事を終え、2週間ぶりに山へ。
山に行く途中のアグリツーリズモ“Le Frise”でランチ。
http://www.lefrise.it/

DSC05531.jpg


ここは、イタリアで一・ニを争うとっても美味しいヤギのチーズを作っている。
ヤギを飼ってるんだけど、春先に生まれるオスヤギは、その大半が食用になっちゃう! だって大きくなったって、ミルク出さないからね。
世の中、上手く出来てるもので、ちょうどその時期に、イースター(復活祭)ってものがあって、その時には、子羊か子ヤギを食べることになってるのだ。
本当は、イースターに来ようって思ったのだけど、混み過ぎてるのもやだし、今日にしたわけ。
お目当ては、何といっても、柔らか~い子ヤギのロースト(ごめんね!)。

まず自家製の豚のロンツァ(腰肉)のハム。
DSC05521.jpg


自家製のヤギのチーズにお手製のソースを添えて。
DSC05523.jpg


自家製の豚、ヤギのサラミ盛り合わせと地元のキノコ。DSC05525.jpg


小麦粉のニョッキとレモン風味のラビオリ。DSC05526.jpg


お目当て、子ヤギのローストと子ヤギのレバーのフライ、ポテト添え。DSC05527.jpg


ラズベリーシャーベット。DSC05529.jpg

合わせたワインは、ビオのクルテフランカ(ワイナリー:Barone Pizzini)2008年。
DSC05528.jpg
普段はビオワインって、正直あまり興味がないんだけど、今日は今一体調がすぐれないので、ビオにしてみた。スプマンテ・フランチャコルタで有名なこのワイナリー、創立140年余。歴史のあるワイナリー。
カベルネとメルロ、少しバルベラとネッビオーロも入ってるけど、フルーティーで、ちょっと草系統の香りは、カベルネそのもの。悪くない。ただし、フレッシュなヤギのチーズと、レモン風味のラビオリとは、合わない!

素材は大半が彼らが作ってるもの。
ご主人がチーズ作り担当、奥様は料理、息子がサラミ作り、息子の彼女はサービス。。。。心がこもったお料理、サービス、そしてセンスの良さ。

ちょっと不便なところにあるのが、玉に傷。。。。。でもそれがここの魅力。
ミラノ近郊にお住まいの方、ぜひいらしてみてください!
ワイン別で35ユーロ(デザート、ミネラルウオーター、コーヒー込み)。

大満足で、たどり着いた山の家。
あの。。。。4月の24日にこの雪ってあり???
真冬でも今年はこんなに雪降らなかったのに!!!
DSC05537.jpg


にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
にほんブログ村

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2012/04/27(金) 01:01:48|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<滑り納め | ホーム | ミラノ サローネ>>

コメント

もう、ため息しか出ません。美味しそうで…。
  1. 2012/05/03(木) 05:37:33 |
  2. URL |
  3. ちゃこ #SkpZqjko
  4. [ 編集]

ちゃこさま

食べに来て~~~!
ホント、いつになったら私たち出会えるのかしら・・・・
  1. 2012/05/04(金) 06:10:53 |
  2. URL |
  3. 管理人より #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/173-54bf918b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。