イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自家製パスタ

以前購入した道具を使ってスパゲッティ・アッラ・キタッラを作った。
粉は有機栽培の硬質小麦に少し小麦粉00(薄力粉)を加え、全卵も少し、そこにぬるま湯、オリーブオイル、塩を入れ、手につかなくなるまでこねる。でも、普通のパスタじゃつまらない・・・と思って、そこにちょうど目の前にあったフレッシュなプレッツェーモロとタイムを細かく刻んで一緒に混ぜ合わせる。その後ラップに包んで冷蔵庫で30分ほど寝かした。 
生地を伸ばした後、例の道具(6/24のブログ見てね!)を使ってスパゲッティにしていく。プレッツェーモロとタイムのせいで、見た目は茶そばみたい!

キタッラ1キタッラ2キタッラ3

ラムのひき肉入りのトマトソースがあればよかったんだけど、ラム肉が手元にない!
去年作っておいたトマトソースがまだあったので、これで代用。
メインはまじめにミラノ風の仔牛のカツレツを。骨付きのロースを肉たたきでたたいて薄くして、オリーブオイルで調理。ミラノ風の料理だから、本来はすべてバターを使わなきゃいけないんだけど、ダイエットを気にして、仕上げにバターを落とした。
デザートは、リコッタを使ったチーズケーキ。いつも行く山に、夏だけ放牧に来るMr.オスカーが作ったリコッタで、やっぱり食料品店で買うのとは、味が全然違う!

          キタッラ4      チーズケーキ

そう、毎年8月終わりから9月中旬にかけてトマトソース用の細長いトマト(サン・マルツァーノもどき)が箱入りで売られてると、つい買ってしまう私・・・スーパーからヒイヒイ言いながら8キロ入りのトマトを今年も持って帰った。
キッチン中、トマトだらけ!洗って、湯剥きして、カットしてから、ニンニク、たまねぎ、セロリ、ニンジンと一緒にことこと煮込む。途中でベランダから採ってきたバジリコを入れ、塩コショウする。
こんなに必死に作っても、瓶に入れたら8個分ぐらいしかないんだから!
でも1年は問題なく保存できる。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/07(日) 22:40:25|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テラスのお昼ご飯 | ホーム | 登山>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/17-5edebe4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。