イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況報告

又更新をさぼってた私。
去年から手掛けていたミラノのドゥオーモのガイドブックの翻訳、ついに終了!
ラストスパートがすごかった。
夢でドゥオーモが化けて出てくるんじゃないかって思ったくらい??

近々発売になると思います。
ミラノのドゥオーモの中のブックショップで購入できます。100ページを超えるボリュームで値段はたった10ユーロ。
写真も素晴らしいし、内容も盛りだくさん。これ一冊でドゥオーモのすべてがわかります。保証付きだよ~~!
詳しくは、発売後にお知らせしますね。
こうご期待!

この翻訳に追っかけられていた最中に、ジャーナリスト対象の、スイートワインであるモスカート・ディ・スカンツォを知りつくす2日間の旅にご招待を授かりました。
昨年、日本ソムリエ協会の月刊誌の11月号に、私が記事を書いた、あのDOCGのモスカート・ディ・スカンツォです!
これも、後日詳しくブログに書かなくちゃ・・・
だって、だって、2日間で18種類のモスカート・ディ・スカンツォを試飲できたのです。
なんと言っても、一番の感激は、Biavaの1986年を飲ませていただいたこと!
Biavaは、モスカート・ディ・スカンツォの生産者の中の、トップ中のトップ。
今発売されている2008年を手にすることさえ簡単じゃないのに、2006年と1996年と1986年を飲ませてもらった。

DSC03417.jpg

夢のよう・・・・
これこそ、ブログに詳細を書かなきゃね。

イタリアソムリエ協会主催のバルバレスコのセミナーにも参加。
2回にわたるセミナーでは、毎回クリューの違う6種類のバルバレスコを試飲。土壌、日照条件等の詳しい説明を受ける。

DSC03327.jpg

極め付きは、秘蔵の1971年のバルバレスコ!!!

DSC03329.jpg


先週末はトスカーナへ:
お目当ては、ブルネッロの試飲会。
毎年モンタルチーノでこの時期行われる試飲会。
今回はブルネッロの2007年とリゼルバ2006年、ロッソ・ディ・モンタルチーノ2010年のお披露目会。
なんたって、2006年と2007年は当たり年だからね~~。

DSC03561.jpg整然としたブルネッロの畑。さすが!

でも、レストランでビステッカ・アッラ・フィオレンティーナと飲んだブルネッロ2005年、素晴らしかった。
2005年は今一のビンテージのはずだったんだけど、今飲むと最高だよ!

まだまだ書くことはいっぱいあるけど、今日はここまで。
じゃ、またね。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/03/04(日) 07:52:36|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Ferrariのスプマンテに酔いしれて | ホーム | サルッツォの旅>>

コメント

こんにちは。モンタルチーノも行ってらしたんですね~!バルバレスコの試飲会も!!すごい、、、どっぷりVINOですね~。うらやましい。。。私はすっかり遠ざかっています。アップされる記事、楽しみにしています。
  1. 2012/03/05(月) 18:52:26 |
  2. URL |
  3. akemi #-
  4. [ 編集]

Akemiさま

ワインから遠ざかっていても、しっかり食材の道を究めてるAkemiさん!!!
コルティナ、いかがでした?
こんなに暑くちゃ、もうすぐスキーシーズンも終了・・・
でも、パルマからなら、海が近くて羨ましいです、いいな~~!
  1. 2012/03/22(木) 07:26:15 |
  2. URL |
  3. 管理人より #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/168-414f642d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。