イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピエモンテ・サルッツォのワイン・食の旅 その2

私たちのホテルは、サルッツォの旧市街である高台に構えている。
朝、早起きして、朝市を見に行く。農家の女性たちが、採りたての新鮮な野菜を売っている。

DSC03128.jpg

DSC03129.jpg
これは、西洋カリン。渋いけど、放っておいて、しなびたくらいになると甘くなる。

荷物が重くなるとわかっていたけど、思わずカルドやキクイモを買ってしまう。
昨日の夜、フランスとの国境の山々は雪が降ったようだ。地元の人の自慢の名峰、モンヴィーゾも雪化粧して、車窓からその美しさにうっとり・・・

DSC03147.jpg

昨日に引き続き、今日もワイナリーを2軒訪問。

DSC03175_20120223053440.jpg
DSC03174.jpg
DSC03201_20120223053539.jpg

今回見学した4軒のワイナリーの名前を列記しよう。
Azienda Agricola Maero Emidio(http://www.maerovini.com/indexita.html)
*ここのオーナーは、DOCコッリーネ・サルッツェージ(サルッツォ丘陵地帯)ワイン協会の会長である。
Societa` Agricola Produttori Pelaverga(http://www.consorziocollinesaluzzesi.it/azienda/?ID=7)
Azienda Agricola Giordanino Aurelio(http://www.consorziocollinesaluzzesi.it/azienda/?ID=32)
Azienda Agricola Tomatis Dario(http://www.consorziocollinesaluzzesi.it/azienda/?ID=2)
どのワイナリーもブドウ畑だけではなく、リンゴ、キーウィ、洋ナシ、アプリコット等の果樹園を所有している。


美しい修道院、Abbazia di Staffardaも見学。
12世紀に造られ、その後手を加えた部分もあり、ロマネスク様式とゴシック様式がミックスされている。
DSC03143.jpg

DSC03146.jpg

DSC03149.jpg

DSC03160.jpg

DSC03161.jpg


昼食はCastello Rossoというお城のホテル内のレストランへ。http://www.castellorosso.com/
ぺラヴェルガのロゼワインの飲み比べ。同じロゼでも、並べてみると予想以上の色の差がわかる!
DSC03189_20120223053439.jpg
左側は、玉ねぎの皮に近い色。右側はチェリー系のピンク色。

シーフードのランチの締めくくりは、ぺラヴェルガのロゼで作ったシャーベット。シンプル・イズ・ベスト!!!
DSC03191.jpg

夕方、もう日も落ちる頃、Lagnascoと言う町にあるCastelli di Lagnasco(ラニャースコ城)へ。
ジャーナリストたちのためのこのツアーを企画したエージェントのオーナーが、もう遅くなって、早く帰りたいな・・・って思っている私たちを説得してまで案内してくれた理由を納得!!
11世紀の貴族タッパレッリ家の3つのお城が一体になった建物で、まだ外側が改修中で殺風景だけど、内部のすごさと言ったら・・・
DSC03202.jpg

DSC03209.jpg

ギリシャ神話を基にした素晴らしいフレスコ画、そして本物のグロテスク様式に出合いたい!っと思ったら、ぜひここを訪れてほしい。
無名に近いこんな素晴らしいものが、果樹園の真ん中にポツンと建っているのは、やはりイタリアならでは!

現在は、日曜日のみ開館なのに、我々ジャーナリストのために、特別オープン。感謝!
ぜひ、近くに行かれたら、訪れてみてくださいね。
http://www.castellidilagnasco.it/

気がつけば、名峰モンヴィーゾが暗闇の中に、うっすら浮かんでいる。
知らざれるワインと名所に出合えた2日間だった。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/01/21(土) 03:54:27|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワインとのマリアージュ | ホーム | 侮辱>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/166-c8ff6743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。