イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピエモンテ・サルッツォのワイン・食の旅

ふと気がつけば、1月ももう半ば・・・
大みそかのソムリエの仕事、だ~い満足!
映画にも登場したことのあるニューヨークのBlue Noteのミラノ支店での仕事。
お客様は170人ほど。6人のソムリエでサービス。
シャンパン、フランチャコルタ、ヴァルテッリーナ、ウンブリアの赤、ポートワイン、最後はモスカート。ウエイターたちがサービスする料理とタイミングを合わせて、ワインをサービスしていく。
生演奏もあり、お客さまも感じのいい方ばかりで、本当に楽しい仕事だった。
カウントダウンでは、私たちソムリエも自分たちのためにシャンパンを開けて乾杯!
日本じゃあり得ない???ソムリエがお客様の後ろで乾杯するなんて、ね?

12月にジャーナリストとして招待されて出かけたピエモンテのサルッツォ地方。ワインの生産地としてのイメージは薄い・・・それだけにジャーナリストを招待して、地元のワインを知ってほしい、という意気込みが。
黒ブドウのぺラヴェルガ(Pelaverga)が主体のDOC。このぺラヴェルガという品種、ランゲ地方のVerdunoと言う村でも栽培されている。どちらが先に栽培始めたか、ではいろいろもめているようだけど・・・・
DSC03078.jpg

同じブドウからでも、土壌の差で出来上がったワインは全然違う!
Verdunoのワインは、ガーネット色がかっていてベリー系の香りが生き生きしている。このサルッツォのものは、ルビー色、香りは控えめ。でも、神経を集中させると、ラズベリーの香りがしっかり感じられる。早飲みタイプ。ロゼを作っている生産者も何軒かいる。個人的には、赤より、このロゼが気に入った。夏、ちょっと冷やして、又は、味のしっかりしたシーフードに合わせることもできそう・・・
DSC03176.jpg



ここでは、もう一つ新しい地ブドウに出会った。Chatus(シャトゥース)と言う名前だが、地元ではNebbiolo di Dronero(ネッビオーロ・ディ・ドゥロネーロ)と呼ばれている。あの有名なネッビオーロとは血縁関係はなさそう。昔は、タンニンのしっかりした瓶熟向きの黒ブドウは、地元ではすべてネッビオーロと呼ばれていたに違いない?? 2年間バリックで熟成、その後瓶熟を1年したワインをディナーでいただいた。。デカンターした2006年。ジャムっぽいフルーツの香り、ボディーもしっかり、生産者(http://www.consorziocollinesaluzzesi.it/azienda/prodotti.asp?ID=2)に値段を聞いてびっくり!  8ユーロ!! 10ケース注文するよ~~!

もうひとつ、Quagliano(クアリアーノ)という黒ブドウからもワインを作っている。アロマの華やかなワインで、同じピエモンテのブラケットによく似ている。とりわけ、甘口のスプマンテに仕立てたのは、パネットーネのようなドルチェと最高のマリアージュ。

初日の昼食は、Brondelloと言う村のLa Torreというレストラン。http://www.ristorantelatorrebrondello.com/
実は2年半ほど前にもこのレストランに来たことがある。シェフは日本人。この近くが、実はあのイタリアで一番長いポー川の水源地である。そのポー川で採れた鱒の燻製。
DSC03086.jpg
自家製の鱒の燻製に、ぺラヴェルガのロゼを合わせる

昼食だと言うのに、次から次へと心のこもったお料理が出てくる。皆に好評だったのが、アニョロッティ(ラビオリの一種)を干し草と一緒に茹でたもの。干し草の何とも言えない香。冷めないようにと、バターで和えたアニョロッティが、これまた干し草の上に載ってサービスされてきた。
DSC03090.jpg
この干し草、オーナー自ら、夏山に登って刈って来たんだそう!

2軒ワイナリーを訪問した後は、暗い中、クリスマスのイルミネーションで浮かび上がる美しいサルッツォの町の観光。
DSC03101.jpg DSC03126.jpg
                                  回廊の美しい中心街


ホテルは、旧市街、丘の上の元修道院、San Giovanni。http://www.sangiovanniresort.it/default.aspx
中世のシトー派の修道院だったところを町が改造してホテルにした。部屋数たった13。
中庭も美しいし、修道院が寝泊まりしたところが部屋に改築してあるのだけど、とてもおしゃれ。
DSC03073.jpg  DSC03122.jpg
ロビーの天井のライト


ぜひお近くに行くことがあったら、お泊り遊ばせ!お勧めです。値段も良心的!

夜はサルッツォの町中のレストラン、Due Cavalli。生産者の方たちと一緒のディナー。何が美味しかったって、、、、ヤギのミルクの生クリームで作ったパンナ・コッタ! こんな美味しいパンナ・コッタ、2度と出会うことはないかも・・・
DSC03113.jpg
一口食べてからシャッターを押した私・・・

盛りだくさんの一日。。。明日もハードスケジュールが待ち受けてる。おやすみなさ~い!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2012/01/19(木) 07:56:04|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<侮辱 | ホーム | Buon Anno>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/161-9d7a8268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。