イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登山

8月29日、またまた山登り。前回のチェヴェダーレ登頂ですっかり自信をつけた私。
今回はドロミテ山脈の避暑地、スキー場として有名なマドンナ・ディ・カンピーリオへ。
カルロ・マーニョからロープーウエイで20分ほどかけて一気にグロステまで上がる。降りるとすぐ脇にヒュッテ・ストッパーニが立つ。標高2442メートル。ここから私達が選んだコースはベニーニ登山道。立て札にはエキスパートのみ、と書いてある。
普段私達が歩いているアダメッロ公園やステルヴィオ国立公園の山とは、又趣が違う。白雲岩(ドロマイト)の山は男性的だ。植物がまったく生えていない。
ベニーニ2ベニーニ3ベニーニ4
さすが、世界に知られたマドンナ・ディ・カンピーリオ!私達のように、落石用ヘルメットやハーネス(安全ベルト)を身につけ歩いている人が結構いる。それもイタリア人のみならず、ドイツ人やフランス人もみかけた。
15分ほど普通の登山道を歩くと、鎖場が始まる。まわりはそそり立つ岩場のみ。
安全ベルトと鎖をカラビナで結びながら、岩場を歩く。
ラッキーなことに、私は高所恐怖症ではないので、怖さは全然感じない。
ベニーニA ベニーニB DSC01912.jpg

前を見ても、後ろを振り向いても、この世のものとは思えないようなスケールの大きいこんな自然の中に自分がいるのが信じがたい・・・
絶壁に取り付けられた鉄の階段を降りたり、鎖場を歩いたりすること3時間。
眼下に見えてきたヒュッテ・トゥーケット(2270m)は、観光客でごった返している。ロープーウエイの終点から誰でも歩けるような登山道があり、1時間半でここまで来れる。
素晴らしい景観に浸ろうという人たちでにぎわっている。
花1花2花3
持参したチャーハンを食べ、ヒュッテのニンジンケーキに舌鼓をうつ。
さて、来週はどこの山に登ろうか・・・

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/01(月) 22:28:50|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<自家製パスタ | ホーム | 手作りパスタ>>

コメント

サルデーニャからです!

こんばんはー、みゆきさん!ブログ、発信おめでとうございます!以前のものもちょっとずつ見せていただきますね。
それにしても山登りってめちゃ本格的なものだったんですね・・・。
  1. 2008/09/06(土) 04:30:43 |
  2. URL |
  3. Tomoko #-
  4. [ 編集]

元気どうですね~

すばらしい♪相変わらずの元気娘ですごいな~
こりしょうは変わらず 何でも一生懸命するのはすごい♪
とりあえず ブログスタートに祝福を!
我が家の詳細と孫の発育ぶりはメールします♪♪
  1. 2008/09/07(日) 19:03:49 |
  2. URL |
  3. ZAKOJI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/16-7a567586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。