イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

滑り納めは小雪の中で

標高3000mの氷河スキー場、プレゼーナで3日間、滑り納め。
初日は前夜積もった1cm程の雪のお陰で快適なスタート・・・と思ったのもつかの間、大きな雲が私たちの頭上にやってきて、急激に視界が悪くなる。
2日目、高気圧の影響で、カリンカリンのアイスバーン。それでなくても急斜面なのに、泣き! ゲレンデには一番乗りしたから、あと1時間ぐらいしたら、少しは雪が緩むかなっと期待したけど、変化なし。それどころか、皆が滑るから、アイスバーンに乗っている少しばかりの雪が取り除かれて、ますますカリンカリン。

氷河のスキー場

今時滑れるスキー場は、ここイタリアだって、そうはないから贅沢言えないのだけど、ここにはTバーしかない。それも2人乗り。私は背が低いから(だって日本人だもん!)他の人と一緒にTバーに乗ると、身長が違いすぎて(早い話が足が短すぎて)ものすごく大変・・・
それに、リフトだったら乗っている間座ってるから足が休まるのだけど、Tバーだとずうっと立ちっぱなしだから、ブーツに足が締め付けられる。

氷河スキー場での滑り納めは楽じゃない! 

3日目、最終日。
3cmほどの新雪! 4月下旬なのに、新雪が滑れるなんて~~~ラッキー!
2日間苦しんだ(?)甲斐があって、絶好調! エッジがちゃんと引っかかって、足裏の感覚を感じることができるって幸せ!
それにしても、今の時期は超一流のスキーヤーしか滑ってない。国家認定インストラクターとトレーナー。
彼らが滑っていると、まるでふわふわの新雪を滑っているのか、と勘違いしてしまう。かる~く、舞っているかのように降りてくる。同じ所に自分が行ってみるとカリンカリンのアイスバーンで、びっくり。
中でも私が気に入ったのが、地元のイーヴァン。彼は国家認定インストラクターで今は、スポーツショップ兼レンタルショップのオーナー。
毎日滑っているわけじゃないのに、ひょこっとやってきて、こんな難しいコンディションの中、華麗な滑りを見せる。真っ白のHEYと言うイタリアのメーカーのウエアーを着て、安定した滑りをする。上体が全く動かない。
あんなふうに滑れたらな~・・・私には100年経っても無理だ・・・
でもすごいものを見ることができて、幸せ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/30(土) 04:40:41|
  2. スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山で初夏を満喫 | ホーム | 赤牛のパルミジャーノ・レッジャーノ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/tb.php/133-cb02d551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)