FC2ブログ

イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

Vinitaly セミナー

今年で52回目を迎えるヴィーニタリー。今回は好天に恵まれ、充実した3日間であった。
    IMG_0897.jpg

やはり私の足が向いてしまうのは、シチリア。
まずは、シチリアの離れ島であるリーパリ島にある唯一のワイナリー・Tenuta di Castellaroのセミナー。
数年ほど前にリーパリ島に数日滞在したのにもかかわらず、生き損ねたワイナリー。
オーナーはベルガモの実業家。さすが、実業家…バカンスで滞在している間に、この島でワインを作ろうと思いついたそうである。
イタリアワインに詳しい人なら、マルヴァジーア・デッレ・リーパリというデザートワインを知っているかもしれないけど、ドライなワインがここの売り。
標高350mのところに造られたワイナリーは、地上に造らず、地面を洞窟のように掘って造り上げたおかげで、外からは建物は全く見えないという景観を尊重した造り。セミナーには、建築にかかわった建築家も参加。
 
                    IMG_0902.jpg

柱は、実は掘らずに残した部分で、何前年もの地層を見ることができる。

46-4d37746f4e.jpg
46-4d37746f4e.jpg 47-561efd18a8.jpg 写真提供:建築家Alessandro Dalpiaz

IMG_0901.jpg

Bianco Pomice 2017 (マルヴァジーア・デッレ・リーパリ60%、カリカンテ40%:バリック使用)
ミネラル香りにあふれる白。私のお気に入り。pomiceとは軽石のことで、この島は昔、軽石の産地として知られていた。もちろん、今でも軽石がたくさん採れる。アロマにあふれ、ちょっと甘い香りが印象的。

Nero Ossidiana 2013(コリント・ネーロ60%、ネーロ・ダーヴォラ40%:スチールタンク)
ジャム、土の香り、スモーク、ヨード。エレガントで魅力的なタンニン。

Malvasia delle Lipari 2015 (マルヴァジーア・デッレ・リーパリ95%、コリント5%)
年間生産量は5000本。9月下旬に収穫。砂糖漬けジンジャー、サフラン、ミネラル香、アプリコット、塩味ビターアーモンド。すばらしい!!
IMG_0903.jpg

もう一度リーパリ島を訪れたくなった。。。
  1. 2018/04/20(金) 01:02:55|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バローロとバルバレスコの試飲会

こんな贅沢な試飲会。。。バローロとバルバレスコの生産者が120社以上勢ぞろい!

           IMG_0842.jpg

それだけでもすごいのに、会場が、、、なんと世界遺産として登録されているカリニャーノ宮殿。
トリノの町の中心地だから、ミラノ在住の私にとっても行きやすい。

17世紀にバロック様式で造られたサボイア王家が住んでいた宮殿なのだ。

            IMG_0852.jpg

今回の新発見は、バルバレスコを造るCa del Baio。試飲したのはVallegrandeとAsili。ビンテージはどちらも2015。
      IMG_0844.jpg

やはりバルバレスコだけど、PaitinのSerraboellaもよかった。こちらもビンテージは2015。
   
       IMG_0849.jpg

バローロは、大半の生産者が2014年を出していた。残念ながら2014年は、夏、雨が結構降り涼しかったので、良いビンテージとは言えない。期待薄で行ったのだけど、どうして、どうしてなかなかの出来であった。
もちろん、ある程度目星はつけていったのだけど、20種類ぐらい試飲した時点で、どれもこれも甲乙つけがたい、美味しいわ~っと思ってグラス片手に会場を歩いていると、すごい人だかり。。。。
Domenico Clerico! 昨年長い闘病の末、亡くなってしまったドメニコ。
彼のBarolo2014を口に入れて、声を失った。。。今日、今まで飲んできたのはすべて美味しかったけど、これは別物なのだ。
甘いタンニン、ジャム、今すぐ飲んでも十分楽しめる。ワインラバーの心をしっかりつかんでいる!
Pajana2013、Ciabot Mentin2013。。。。そして、Percristina2008。2013はグッドビンテージだけど、2008は超グッドビンテージなのだ。

       IMG_0847.jpg

バリック香が強すぎて、あまり好きでなかったLa Spinetta。。。醸造方法を変えたんだろうな。。。これもClericoと肩を並べる逸品だった。

       IMG_0848.jpg

やはり有名になるには、理由があると納得。

ビオブームのせいだろうか。。。。たくさん試飲した割には、酔いが回らなかったような気がする。。。
とは言っても、会場出口での演奏会の写真を撮って、家に帰って見たらぶれてた。。。酔ってたのかなぁ?
                IMG_0851_20180412045739b93.jpg





       
  1. 2018/04/12(木) 04:55:58|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0