FC2ブログ

イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

ポレンタのために


           26239117_1004114246392914_9166243566713940723_n.jpg

写真のおろし金は、なんと、、、乾燥させたトウモロコシを削って粉にするため。
そうです!ポレンタのために。
ポレンタって、北イタリアのイメージが強いかもしれませんが、イタリアを南北に走るアッペンニーノ山脈の山麓なら、南イタリアでも食べる習慣があるのですよ~。
トウモロコシを南米からイタリアに持ち込んだのは、コロンブス。もとはと言えば家畜の飼料でした。でも、寒冷地に住む人々が冷害で小麦を手にすることができず、飢えしのぎに食べ始めたそうです。ナポリやローマ当たりの人は、北イタリアの人たちを”ポレンタ食い”と言ってバカにします。(笑)

      26229935_1007172282753777_5906777239069619931_n.jpg

イタリアの北東では、白いトウモロコシから作った白いポレンタもあります。
ポレンタしか食べれなかった貧しかった時代には、ビタミンBの欠乏により、ペラグラという病気にかかった人が大勢いたそうです。
日本人の口には、あまり合わないかもしれませんが、すでに味覚がイタリア人化している私にとっては、冬の欠かせない一品です。


  1. 2018/02/14(水) 03:49:27|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィロキセラ

19世紀にヨーロッパじゅうを襲ったフィロキセラ。
イタリアにフィロキセアが入って来たのは、フランスより10年以上遅れたようです。
ただし、お金がなかったイタリアは、その対策に遅れを取りました。

      fillossera.jpg

もちろん、今は台木を使ってブドウ栽培をするのが普通。でも、イタリアをくまなく探すと、台木を使っていないブドウからワイン造りをしている生産者がいるのです。
 28872946_1087618474712332_7416913140450123314_n.jpg

砂地だったから、とか気象条件に恵まれたから、等の理由で、台木無しのブドウが生き延びたのです。
でも、やはり今でもフィロキセラに害を受ける危険性はあります。

  28684839_1087618144712365_3920367454366897537_n.jpg

その上、今やワイン会は、有機栽培が主流なので、どの生産者もなるべく農薬を使わないようにしています。
となると、台木無しのブドウ栽培は、とても勇気のいること。
そして、ブドウの収穫量も、通常減少します。

そんな勇気のある生産者が心を込めて造ったワインを試飲しました。


  1. 2018/02/13(火) 03:16:47|
  2. イタリアのワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0