イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

ミラノでワインの試飲会が開催されます。
こだわりのワイナリーが勢ぞろい。
当日ミラノにいらっしゃる方はぜひいらしてみてください。
http://www.livewine.it/it/il-vino-artigianale/

場所はサン・バービラ広場から、リナーテ空港行の73番のバスに乗り、Viale Campania下車。徒歩5分の距離です。

オーガナイザーが選りすぐったワイナリーばかり。
<基準が定められています>
自らブドウ畑の手入れと醸造に携わって、なおかつ自分のところでボトリングしていること。
ブドウの栽培に化学合成物を使用していないこと。
ブドウの収穫は機械を使わず手摘みしていること。
ラベルに記載されていないものを添加していないこと。

自然派、という言葉をよく聞きますが、はっきりして意味がわからないこともしばしば。。。
これなら、安心ですね。
ぜひ、いらしてください。

  1. 2017/01/21(土) 05:38:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなた、、、ブログやめたんじゃないの?って言われてしまいそうですが。。。。
イタリア人の友人に、“猪、食べたことがないから食べたい!”って言われて。。。。
どうして、マンマに言わないで私に言ったのでしょうね~?
彼はアルプスの麓に住んでいて、寒いその辺りは、猪いないのです。
ちなみに、平地に行けば野生の猪、うじゃうじゃいて、悪さをするので農家の人、皆、困っています。
というわけで、猪を買い出しに。
スロベニア産で、箱入りで2,5キロ。4人で食べるには、あまりに多すぎるので、1キロほどは冷凍。
弾丸が入っているかもしれないので注意!って箱に書いてあるのです。
ひえ~~、猪食べるの命がけ。
3日ほど、フルボディーの赤ワイン・ニンニク・玉ねぎ・セロリ・人参・プレッツェ―モロ・ローリエ・粒コショウに漬けこんで、その後煮込みました。ソースは自家製のタリアテッレで、お肉はメインで。
ブルネッロととって~もよく合います。
image1_2017012005311864c.jpg
まずはシャンパーニュに合わせてフランス産の生ガキ(イタリアの小さなメーカーが輸入しているシャンパーニュ、お買い得でした)

image2-crop.jpg
いや~、、、、自分で言うのも恥ずかしいけど、上出来。

image3.jpg
煮込み料理って写真写りが悪いので、まだ買ったばかりの塊の状態!

image11.jpg
ブルネッロのリゼルヴァ2008。このワイナリーもとってもお買い得です!










  1. 2017/01/20(金) 05:43:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0