イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界で一番美味しいカルボナーラのレシピ

世界で一番美味しいカルボナーラを食べれるお店として知られるローマのレストラン:ロショーリ。
http://www.salumeriaroscioli.com/

そのレシピを紹介! 
レシピ、写真は 南イタリアの一大新聞 Mezzogiornoのエノガストロノミー・ジャーナリストとして知られるルチアーノ・ピニャターロ氏から拝借した。
http://www.lucianopignataro.it/a/carbonara-di-roscioli-ricetta-originale-spiegata-da-alessandro-roscioli/58449/
日本ではなかなか手に入らない材料もあるので、生産者の名前等は割愛させていただいた。

carbonara-roscioli-e1364991949188.jpg

材料(4人分)
太めのスパゲッティ350g
グアンチャーレ200g (豚の頬肉の塩漬け)
ペコリーノ・ロマーノ250g 最低16カ月熟成
ペコリーノ・ディ・フォッサ40g
全卵5個
白身1個
塩・胡椒
①:ガラス製のボールに全卵5個と白身1個分を入れ、ペコリーノ・ロマーノ150gとペコリーノ・ディ・フォッサ40gを加え、よくかき混ぜる。
②:①に引きたての胡椒を加え、5分間冷蔵庫で冷やす。
③:鉄のフライパン、なければテフロンのフライパンに皮を取り除き、1センチの大きさのさいころ型に切ったグアンチャーレを加え、強火で炒める。
④:グアンチャーレの表面が少しカリカリになったら火を止め、出てきた脂を半量捨てる。
ボールにグアンチャーレと、残った脂を加える。
⑤:スパゲッティをアルデンテの状態に茹で上げ、火から遠いところで、ボールに皮え、よく混ぜる。水分が足りないようだったら、スパゲッティを茹でたお湯を加える。
⑥:皿に盛り、残っていたペコリーノと、引きたての胡椒を振りかける。
*この時、胡椒の粒を前もって、フライパンで軽く温めてから、包丁でたたいて細かくしたものを使うと、より香りが出る。

グアンチャーレがなければ、ベーコンで代用してもOK。
2種類のペコリーノを揃えるのは難しいかもしれないけど、できればパルミジャーノではなくて、熟成した(触ったら硬め)のペコリーノを使って欲しい。
びっくりしたのは、バターを一切使わないこと!
ちなみにこのお店で食べると、15ユーロします!

こだわりのカルボナーラ。試してみませんか???

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/04/05(金) 04:43:27|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。