イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご無沙汰~~~

ひえ~~~、最後の更新をしてから2カ月。。。。。
アンタ、何してたん??(なぜか、関西弁)
ハハ~~、母が来てたんです(シャレのつもり。。。。)

そう、親孝行のふり、してました(疲れた。。。)
なんて、悪たれつけるのも、元気な母のお陰!
バカ娘でごめんなさ~い!
でも、内心感謝してま~す。
いつまでも元気でね。

今回は母+私の連れ+連れの母、計4人でギリシアのロードス島へ。
4月に連れが叫びました、今年の夏はギリシアへ行こう~!!
言うのは簡単、でもツアーを探すのは私の役目 (って言ってもいやじゃないんだけど)
EUから離脱する?等々経済不安定のギリシア、、、、だからツアー費も安いに違いない、な~んて思ったら大間違い!
必死に探して、とってもお得なホテルを見つけた!
私たちのバカンスは、いつも一ヶ所滞在型。ロードス島の海辺のコリンビアと言う町の5つ星のリゾートホテル。
5つ星、5つ星!!!
きゃ~~、なんてリッチなの~~~!
初日、ホテルに到着したのは夜の11時過ぎ。部屋のベランダからは、海と、夜はイルミネーションが美しいプールが見下ろせる。デザイン型ホテルで、全室ジャグジーバス付き。
DSC00100.jpg DSC00110.jpg
夜になるとプールの底にライトがつき、何秒おきかで色が変わる。。。

ドイツ系のホテルのせいか、プールはもちろん、敷地内どこも清潔。(イタリア系だったら、こうはいかないね!)
hotel.jpg DSC00369.jpg

3食ともビュッフェ、ショークッキングもある。毎回変わるすごい量のデザートには、大満足!
   DSC00229.jpg
私のお気に入りのドルチェ。アーモンド、あるいはココナッツを薄いパイ生地で包んで揚げ、蜂蜜に浸してある(カロリー高そう。。。)

そして物価の安さ。ガソリンはリッター1,80ユーロで、安くはなかったけど、レンタカーは走行380キロの新車が3日間で70ユーロというお手頃さ。
まずは世界遺産の村、リンドスへ。真っ白い家々の奥に見えるアクロポリス。
DSC00118.jpg DSC00139.jpg
DSC00137.jpg DSC00172.jpg
アクロポリスの遺跡で眠りこける子猫。
聖パオロが布教のために上陸したと言われる地に建つ真っ白な教会。

翌日はバタフライ・バレー(蝶の谷)へ。ちょうど蝶が孵化する時期で、何十万羽と言う蝶がひしめき合っている。羽を広げると、下からオレンジ色の部分が見えて、とてもきれいだけど、こうたくさんいると、ちょっと気味が悪くなりそう。。。。
DSC00203.jpg DSC00216.jpg


夕食後にロードスの町へ。狭い道の両脇には、お土産物屋がひしめき合っている。
観光地特有のしつこい客引きもいないので、お店に入ったり出たり、の繰り返し!

翌日は俳優アンソニー・クインにゆかりのある彼の名前がついた浜辺へ。
DSC00362.jpg DSC00121.jpg

岩礁もあり小さな湾になっている。遊覧船が次々と入って来る。とは言っても遊覧船は沖に停泊しているから、泳ぐのには邪魔にはならない。湾のせいなのか、沖に行っても水温が変わらないし、波もないから、いっくらでも泳げる!お魚になった気分!!

次の日は、ロードスの町の観光。
14世に建てられた騎士団長の宮殿へ。KOS島から持ち運ばれた美しいモザイクに見とれる。
DSC00306.jpg DSC00296.jpg DSC00300.jpg DSC00342.jpg
ロードスの象徴、2頭の鹿を間を入って来る船。

中世と現代がミックスした不思議な街。街の一角でギリギリと照りつく太陽の基、ツルハシ1本で遺跡を発掘している人を発見!!! あり得ないよ~~~!!!
   DSC00331.jpg

大満足だった7日間。
ロードス島の高台からは海の向こうにトルコが見える!
   DSC00221.jpg
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/07/26(木) 02:39:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。