イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この夏出会った動物たち

この夏であった動物たち:
標高2800メートルの無人小屋の囲いに飛んできた小鳥
DSC02222.jpg


その近くにいたアルプスアイベックス。立派な角、でも1本しか角がない・・・かわいそう・・・
DSC02218.jpg


私たちの山の家の積んである薪の間に巣を作ったヒガラ。
見えるかな~? 卵から孵って2週間ほどのヒナが初めて飛び立つ1時間前。
DSC01709_20111023231441.jpg

向かって右を向いてる、黄色いくちばしが目印だよ~!
          DSC01709.jpg


薪の間から取り出した巣。苔を使ってある。ふわふわだよ~!
DSC01783.jpg


孵化してすぐ死んでしまったらしいヒナ・・・
DSC01785.jpg


標高3000メートルのところで出会ったアルプスアイベックスの母子。
DSC01875.jpg


まだ幼いアルプスアイベックス。私たちに興味津津!
DSC01881.jpg

アグリツーリズモで飼っているイノシシの赤ちゃん
DSC02237.jpg

ズームアップ!!!
DSC02243.jpg

私は今夜からバカンスで(とは言っても翻訳の仕事をバカンス中もしなくちゃならないんだけど・・・)ケニアに行ってきま~す!!!
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/10/23(日) 22:47:36|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サルデーニャの5日間

検察庁の翻訳の仕事がやっと終わり、一段落! フ~ッ!!!
大変だったけど、自分自身の勉強にもなったし、よい経験をさせてもらったと思う。感謝!
私は通訳する方が好きなのだけど、翻訳も面白い! そして、コンマ一つで文章の意味が変わるんだってこと、今さら実感!

で、もうずいぶん前の話だけど、9月の初め、サルデーニャに行ってきた。
友人のTOMOKOさん(彼女のブログは、一見の価値あり!! http://delizie.blog50.fc2.com/)からの依頼で、日本から見える農学部の教授の通訳。
先生は、サルデーニャのような島、要は条件不利地域の農業が、EUの援助のもと、どういう状況に置かれているか、を研究していらっしゃる。先生がサルデーニャを訪れるのは今回で2回目。
州の担当者3人に会って、実情の説明を受ける。
農学部出身の私にとっては、なかなか興味深いテーマである。
実際に農家の人たちにも会った。そのうちの一人、サルデーニャでは珍しい牛のミルクからストレッチングタイプのチーズを作っているオリスターノの酪農家。カズィゾールというチーズで牛、それもシチリアのモディカーノとサルデーニャの地元の交配種だけを150頭ほど育てている。とてつもない面積の敷地を各所に持っていて、そこで年間通して放牧している。驚いたのは、2人がかりで手で搾乳していること!
ストレッチングタイプのチーズ作りは手間がかかる。乳酸発酵がなかなか思うように進まず、夜中の3時に起きて、チーズ作りをすることもあるそうだ。
このチーズは、スローフードのプレヅィーディオに認定されているが、残念ながら、その大半は工場で大量生産されているらしい。
30代の、この夫婦は、昔ながらのこだわりを持って、このチーズを作り続けている。

DSC01953.jpg

熟成室にぶら下がっているチーズの中から、一つ選び、その場でカット! 生クリームのような香り、口に入れると、甘味と旨味・・・何とも言えない優しい、そしてこってりとした味わいである。
こんな美味しいストレッチングタイプのチーズを食べたのは初めてだ!

最終日には、サルデーニャの離島、サンタンティオコ島へ。
目指すは、ワイナリーSardus Pater。協同組合のワイナリーで、所有畑300Ha!
白ブドウの収穫のまっ最中にもかかわらず、まだ若いトスカーナ出身のエノロゴが、熱意に満ち溢れ説明してくれる。車で案内されたのは、海辺の畑。砂地のお陰で、フィロキセアにやられなかったブドウ。土着品種の黒ブドウのカリニャーノは樹齢が80年のものもある。風と暑さから守るために、アルべレッロで仕立ててある。

DSC01965.jpg

DSC01971.jpg

せっかくここまで来たからには、購入したい!
とは言え、スーツケースにはそんなに詰め込めないし・・・
まずは、珍しいヴェルメンティーノの瓶内2次醗酵のスプマンテ。

DSC01980.jpg

ちょっと、男性的過ぎる感じ・・・まろやかさが足りないかも・・・

ここのトップ商品であるカリニャーノから作ったイズ・アレナス2007年。まだタンニンが青いけど、ミネラルもしっかりしていて、2年後ぐらいが楽しみなワイン。
そしてスイートワイン、モスカートから作ったヌル2009年。甘さと酸度のバランスが素晴らしい。サルデーニャのちょっと甘すぎるアーモンドベースのドルチェによく合いそう・・・

DSC01958.jpg

3本購入。



最後は、TOMOKOさんがオーガナイズする料理教室に参加させてもらい、郷土料理作りに挑戦!

DSC01983.jpg

忙しかったけど、充実したサルデーニャの5日間・・・

DSC01979.jpg

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

テーマ:報告・レポート - ジャンル:日記

  1. 2011/10/20(木) 06:12:25|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告

夏の報告も終わらないうちに、多忙な9月が到来・・・
まずはサルデーニャへ。サルデーニャに住む友人Tさんからの依頼で、某大学の農学部の准教授の通訳。
内容は、条件不利地域の農家へのEUからの補助の実態。
州のお役人に会って、いろいろ情報を得る。
私にとっても興味のあるやりがいのある仕事だった。
でも、サルデーニャに行く日にゼネストに巻き込まれ、空港で11時間待機・・・・

その後は、ピエモンテ・リグーリア・トスカーナのチーズと食材の旅。数年前から足繁くイタリアへ来てくださる某チーズ輸入販売会社の社長さん(とっても魅力的な方!)に任され、コーディネートと通訳を担当。
書きたいことがいっぱい。いつか報告します!

そして、アンフォラでワインを作るので有名なGravnerのセミナーのために、ボローニャへ。そのまま東京でお料理教室をしてらっしゃるKさんのツアーの通訳兼コーディネート。

慌ただしかった9月が終わって、10月は以前から頼まれている翻訳の仕事をじっくりやるぞ!っとのんびり構えていた矢先に、ミラノの検察庁から、急ぎの翻訳の依頼!
48ページ!!!
のんびりするはずだった10月・・・朝から晩までPCの前で翻訳中。

テーマ:報告・レポート - ジャンル:日記

  1. 2011/10/09(日) 07:52:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。