イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アダメッロ山に挑む

カモニカ渓谷に通うようになって早14年。この地域の象徴ともいえる標高3539mのアダメッロ山は、地元の大型スーパーの名前にもなってるくらい、地元の人にとってはなじみのある山であり、また、なかなか手ごわい山でもある。何度この山の名前を聞いたことだろう・・・
いつか私も登ってみたい・・・

私が所属する地元の山岳会(CAI)が今年の夏はアダメッロ横断を企画したのだ!
8月22日、午後3時。マルガ・カルデーア(標高1584m)に車を置き、歩き始める。気温が20度以上ある。暑い!
アーヴィオ湖・べネデット湖を見ながら何度も行ったことのあるガリバルディー小屋を目指す。アイゼン、着替え、水筒・・・簡単だと思っていた道のりがリュックの重さで思いのほか、辛い・・・暑さのせいもあるのだろう。
3時間ほどで今夜の宿泊先であるガリバルディー小屋に到着。小屋は超満杯!暑さとリュックで汗びしょびしょなのに、有料のシャワーのお湯が出ないのにはめげた・・・熱いシャワーが浴びたいよ~~。
20人の大部屋に入れられる。なんか、牛舎に詰め込まれたみたいだ。
明日は4時起床なのに、私たちの夕食が始まったのは8時半過ぎ。意気消沈してしまいそう・・・
まわりの寝息や物音で一睡もできずに朝を迎えた。
身支度をし質素な朝ご飯をすませ、5時半山小屋の前に集合。総勢35名。大所帯だ!標高2548mもあるのに、気温が10度もある!
山小屋の前にあるヴェネローコロダムの横を通り、ブリーツィオ峠(3149m)を目指す。出発した時はまだ暗くて、おでこにフロントライトをつけていたのだが、だんだん夜が明け始める。
DSC05306.jpg
目指すアダメッロ山の山頂に日が当たり始める。3549メートル! あそこまで辿り着かなければ!!!

雪渓を渡り終え、峠の下に到着。ここで、数人ずつのグループに分かれ、ザイルで結びあう。私は山岳ガイドのリーノと一緒だ。彼は今まで2回、私を3500m級の山頂に連れて行ってくれた頼もしい奴!この峠は落石で有名なのだけど、今年新たに鉄の足場をつけ、安全度が増したので、楽々通貨。
DSC05310_20100926014515.jpg

山小屋を出て2時間後に峠に着く。

DSC05313.jpg

DSC05318.jpg

目の前に真っ白なアダメッロ氷河が延々と広がる! なんという美しさ! なんて雄大なんだろう!! 正面のクレスタ・クローチェ山頂に設置された第一次世界大戦で使われた大砲が見える。右手には今から私たちが通過しなければならないコルノ・ビアンカ山が控えている。
ここからは、一面の氷河である。せっかくここまで登ったのに、登山ルートは少し下りになる。気温が高いので、氷河は凍っておらず、アイゼン無しで前進。氷河が溶けていて、歩いていると、時々ズボッとはまったり、少し滑ったり・・・
DSC05321.jpg

DSC05323.jpg

DSC05326.jpg

コルノ・ビアンコ(標高3300m)の真下にたどり着く。ここからが難関だった! 50度前後の急傾斜の氷河の上に積もった10センチほどの新雪は、足を置くとズルッと滑り落ちる。脇にある大きな岩も不安定なので、絶対つかまるなっとリーノが上から叫ぶ。新雪の下は凍った氷河でアイゼンを付けてないから、滑り落ちるしかない。ザイルだけが頼りである・・・滑り落ちたら上から引っ張ってくれるだろう、と。
幸い体重の軽い私は、必要以上の恐怖を感じることもなく、尾根に登りきった。スリルがあって、面白かった。
私の後に続く我伴侶は、体重もあるから怖かったようで、尾根に登り着いた時には、真っ青で声も無し・・・冷や汗をかいている。いくらザイルがあるとはいえ、万が一皆を巻き込んで滑り落ちたら、という恐怖感にかられたんだそうである。
それに比べ、簡単にザイルを信じちゃう私の単純さ!

苦労して登り着いたコルノ・ビアンコからの眺めがまた素晴らしい。有名な氷河ピアン・ディ・ネーヴェが私たちの前に待ち受けていた。ピアン・ディ・ネーヴェ:雪の平野と言う意味だがまさにその名の通り。
山小屋を出発して早4時間。ここから急な石場を下り(せっかく登ったのに~~~!)、その後氷河を登りつめる・・・が目指すアダメッロの山頂は遠い。そしてこの暑さ!
半袖になりたくても、リーノが、絶対手袋外すな! 半袖になるな!と警告する。この暑さ、この日差しで氷河を一日半袖で歩いたら、翌日高熱に襲われる危険性大なんだそうな。 
氷河は雄大だけど、早く山頂に着きたいよ~~ 疲れたよ~~~!
地球温暖化のせいで、山頂真下は氷河が後退し、岩場になっている。ここをよじ登り、ついに山頂到着。
歩き始めて6時間。
DSC05328.jpg

DSC05339.jpg

DSC05334.jpg

今朝後にしたガリバルディー小屋も遠くに見える。ミラノのドウオーモの頂上に立つ聖母マリアも見える、という話だが、少しもやがかかっていて見れず。
あまりの居心地の良さに、持参した昼食をほおばり写真を撮り合い、1時間も山頂にいた。

今回はアダメッロ横断である。来た道とは反対側のプルデンツィーニ小屋(2235m)を目指さなければいけない。ピアン・ディ・ネーヴェ氷河を横切って行く。歩いても歩いても、一面の銀世界。
疲れた・・・
DSC05331.jpg

DSC05347.jpg

サラルノ峠までは、また上り・・・ここからプルデンツィーニ小屋までは、岩場の下り道。持ってきた水も飲みほし、暑さのせいで喉がからからで、皆雪を溶かして飲んでいる。私も川の水を飲む。ああ、早くプルデンツィーニ小屋に着きたい。山頂を下り始めて4時間後、やっと小屋に到着。井戸の水をごくごく飲む私を見て、小屋の娘が何処から下りてきたの?と聞く。
この小屋から迎えのマイクロバスが来る標高1435mのファブレッツァの村まで、まだ歩かなきゃいけないのである。
    もう歩きたくないよ~~~
重い身体を引きづりながら2時間歩く。絶対来週、モンテ・ローザなんかに行かない! 皆、気違いだあ~~~!

朝山小屋を出発してから13時間半後に、迎えのバスに到着。夕方7時。
ちなみに私たちのグループの30代のカップルはばてて、夜9時過ぎに戻って来たそうな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/25(土) 23:32:24|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

わが人生最高だった今年の夏

今年の夏は、2つの目標を密かに持っていた。
その目標に向かって準備を始めたのは5月。
その目標を達成することができた今、今年の夏は私の人生にとって最高の夏だった・・・と幸福感に満たされる日々を送っている。
その目標とは・・・
① 夏は登山、冬はスキーに通い詰めるカモニカ渓谷の名峰アダメッロ山(3539m)に登ること。
② モンテ・ローザ、ニフェッティ峰(4559m)に登ること。

日本でスキーに狂っていた私は、初夏は谷川岳のマチガ沢や、上高地から歩いて数時間かかる涸沢にスキーを担いで通い詰めた。でも登山は大嫌い・・・登ってまた降りてくるなら、最初から登らなきゃいいのに・・・
そんな私がイタリアに来て山歩きを始めたのはもう15年ほど前のこと。ミラノの近郊の標高2000m級の山歩きを楽しんでいた。
ひょんなことから2年前、ザイル、ピッケル、アイゼンを装備して3769mのチェヴェダーレ山に登り、昨年はチェヴェダーレ山より難度の高い3678mのサン・マッテーオ山に登頂(http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/blog-entry-61.html)。
いつの日か、4000mを超えられたらな~と夢見ていた。

今年の春先、私が所属するCAI(イタリア山岳会)ポンテ・ディ・レーニョ支部の夏のプログラムを見ると、もう10年ほど前から登ってみたいと思っていたアダメッロ登山が8月15、16日に予定されていた。5月、山岳会の事務所に行き参加の旨を伝えると、アダメッロ山登山の翌週はモンテローザに登るから、参加したら?といとも簡単に言ってきた。モンテローザは簡単よ。貴女ならできるわ!っと。
モンテローザ!!!! あのヨーロッパアルプス、モンテローザである! 標高4559m!!!
私は単純な人間である。すぐその気になる。
おったまげたのは私の伴侶。やっとアダメッロ登頂ができるって君は喜んでいたのに、モンテローザ???と腰を抜かしそうになった。そりゃそうだ、3700mまで到達できて満足していた私たちが、それより1000m近く高い山に登ろうっていうんだから。それも、モンテローザ!!!!
私はインターネットでいろいろ下調べを始めた。モンテローザ、決して手の届かない(足の届かない??)ところではなさそうである。
スポーツクラブで、スピンニング、水泳で体力を養った。スピンニングは数年前から私がはまっているスポーツ(http://www.geocities.jp/kingdomtama/whats/whats01.html)。心臓機能強化、足の筋力強化にふさわしいスポーツである。
7月に入ってからは毎週1回登山。
準備万端で迎えた8月22日。アダメッロ山登山の朝。
・・・続く・・・

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/09(木) 07:18:41|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。