イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリアのチーズ、ブッラータ

8日間、日本からみえたお客様と南イタリア、プーリア州とカンパーニア州のワイナリー、チーズ工房をまわってきた。プーリアでは、Terravento、Accademia dei racemi、Albano、Conte Zecca、Castello Monaci、Taurinoのワイナリー、ブッラータという中身に生クリームが入っているストレッチングタイプのチーズを作る工房を訪問。
ブッラータは最近日本でも知られつつあるけど、チーズとしての歴史はあまり古くはなく、1900年代前半に考え出されたもの。
アンドゥリアというプーリア州の州都バリから70キロほど離れた町で生まれたチーズで、モッツアレッラみたいにストレッチングタイプで作ったチーズを袋状にして中に生クリームを入れる。
とってもクリーミーだけど、ダイエットを気にしてる人には不向き・・・
生クリームは、チーズ作りの段階で出てきたホエー(乳清)の乳脂肪分に新たにミルクを加えたもの、とのこと。
昔は、このまわりにAsfodeloというユリ科の葉を巻いているのが一般的だったけど、最近は衛生上の問題もあるせいか、プラスティックの葉、または葉無しのブッラータも多い。
今回私達が訪れたMichele Olanda社は、今でも大半の作業を手作りでコツコツとやっている。
私達のために、カッチョカバッロとブッラータの作り方を見せてくれた。
25年もこの作業をしている、という彼の手は90度の熱湯を使いながらの作業で、白っぽくなっている。
“でも30分もすれば、君たちと同じような手に戻るんだよ!心配ないさ!”
 
          手

ブッラータの写真はいろんなサイトで見れるけど、作っているところの写真はめったに見れないはず!
ここに、ビデオで公開しま~~す!!必見だよ~~~


そしてこれはカッチョカバッロを作っているところ。ちょっと長いけど、こちらも見てね。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/11(火) 06:40:46|
  2. イタリアのチーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。