イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

手作りパスタ

パスタ作りは楽しい!
タリアテッレ、そしてそれより細めのタリオリーニはお手のもの。
時間があればラビオリ、トルテッリーニだって根気よく作る。
涼しい山から暑いミラノに戻ってきて、テラスで立派に育ったバジリコを見ていたら、ペーストでトゥローフィエが食べたくなった。
ジェノヴァ風のバジリコのペーストは有名だけど、ジェノヴァの地元では本来はトゥローフィエというパスタにあわせるんだ、ていうことはあまり知られていないかも・・・
スーパーに行けば、このトゥローフィエ売ってるんだけど、機械で作っているから、美味しくない!
正直、美味しくない・・・と言うよりか、まずい!
ジェノヴァの郊外、レッコと言う町で90歳のおばあちゃんが作る手作りのトゥローフィエを何度も食べたことのある私にはがまんできない!
というわけで、暇に任せて突然トゥローフィエを作ることにした。
材料は、硬質小麦粉(セモリナ粉)、ぬるま湯、塩、オリーブオイル。
日本の家庭では、硬質小麦なんて常備してないかもしれないけど、イタリアだったら、料理が好きなら絶対家にあるものばかり。卵も入らないんだから、経済的!
2人分なら小麦粉が120グラムほど(ちなみに私達、大食い)。すべての材料を手にべたつかなくなるまでこねて冷蔵庫でラップをかけて30分ほど寝かしておく。
その後、木ののし板で少しずつ(これ、本当に少~し)手の甲を使って形にしていく。これが慣れないと難しい。我が家ののし板は自家製。この木目があることが大事!
  トゥローフィエ    ペースト
結構地味な作業だけど、量がだんだん増えていくのを見ながら作るのは楽しい。昔はジェノヴァの漁師の奥さん達は海辺にのし板持って、ダンナが帰ってくるのを待ちながら、井戸端会議ならず、海端会議しながら作ったんだって。
ペーストはフードプロセッサーにバジリコ、ニンニク、松の実、パルミジャーノ、あればペコリーノ、塩、上質のエキストラ・バージンオイル、こしょうを入れて、ガ~~!!とやれば出来上がり。
このペースト、今でこそ日本では有名だけど、今から20年前、渋谷のスパゲッティ専門店、あるでん亭でグリンソースと言う名前でメニューにあった。スパゲッティにあわせてたけど、私のお気に入りで、いつもあるでん亭でこれを注文したもんだった。でも当時の日本人の味覚に合わなかったのかどうか、いつのまにかメニューから消えてしまったのを覚えている。
話が横道にそれてごめんなさい・・・
ジェノヴァでは、地域によってはジャガイモ、インゲンを加えて食べる。私もこれのほうが好き!
パスタを茹でるための水にジャガイモを一口大に切って一緒に茹で、沸騰したら、インゲンとパスタを加えて茹でる。
ワインはもちろん白! 
リグーリアのヴェルメンティーノやピガートが香が華やかでぴったりだけど、家になかったから、トレンティーノのミューラー・トゥールガウを合わせたけど、悪くはなかった。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/08/25(月) 16:30:27|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンテ・チェヴェダーレ (チェヴェダーレ山)

7月30日から山に来ているのだけど、今回、私にとっての一番の目標は8月16日、17日、イタリア山岳会のメンバーとのモンテ・チェヴェダーレ(3769m)の登頂であった。
山歩き、山登りを始めて10年以上経つ。
3000メートル級の山には何度も登ったけど、今回は氷河をアイゼンをつけ、ピッケルを片手に登る、というエキスパート級の登山なのだ!
ミラノにいるときは、仕事の合間を見てスポーツクラブに通っているし、冬は下手ながらスキーの大回転のレースにも出たりしている。でも今年は5月にスキーで鞭打ちをしたり、7月は2週間仕事でトレーニングしなかったり・・・だからあまり鍛えていない。山に来てから一日おきに山登りをして、夕方はマッサージ、ストレッチング、と体調を整え、この日に望んだ。
前日15日は、突然気温が下がった上、どしゃ降りの雨。
翌朝、期待せずに窓を開けると、晴天ではないか!
早めに宿泊先であるヒュッテ・ピッツィーニに1時間半ほど歩いて到着。ここの標高は2706メートル。
6人部屋に4人の男性と一緒に詰め込まれる。なんか、大学時代の合宿を思い出す・・・
皆、それぞれに自分の経験を語る。エキスパートばかり・・・・・
私は生まれて初めてアイゼンつけて、ピッケル持って氷河を登るんだから・・・
でも、体力と、とりわけ持久力は、私の自慢のひとつ!
夜10時、あまり居心地の良くないベッドに入り込む。
気分が高まって、眠れない・・・こうなるとわかっていたから、昨晩しこたま寝ておいたんだから心配するな、と自分に言い聞かせる。羊の数をイタリア語で数えても寝付けない、小学校時代の同級生の名前を思いおこす、、、やっぱり寝付けない。
4時30分、起床。5時朝食。5時30分、まだ暗い中出発。気温3度。ガイドも入れ、総勢28名。
まずは、3269メートルのところにあるヒュッテ・カザーティを目指す。途中から、前日積もった新雪が凍っている上に、傾斜がきつくなり、息が荒くなる。2時間ほどでカザーティに到着。
低く雲が下がり、霧がかかっている。
気温は氷点下、つま先が凍えている。
ヒュッテのストーブの前で、皆で待機すること1時間弱。
出発するぞ~という声で外に出ると、奇跡的に晴れ渡っている。ヒュッテの前から延々と氷河が伸びている。アイゼンをつけ、ハーネス(安全ベルト)を身につけ準備を整える。
私が氷河登頂が初体験だと知ったガイドが、私を彼の6人からなるグループに入れてくれ、ロープで結び合う。クレパスに落ちたり、氷河で滑ったときのためなのだ。
チェヴェダーレ3チェヴェダーレ4チェヴェダーレ
ゆるい傾斜の果てしなく続く真っ白な氷河を歩いていると、感激がこみ上げて来る。
今、楽だからといって、安心してはいけない、と自分に言い聞かせる。
なるべく話をせず、エネルギーを消耗しないようにする。
もし一番初心者の私がばてたら、皆を巻き添えにして引き返すことになるのだから・・・
ヒュッテ・カザーティがずいぶん下に見える。
クレパスや、穴がぼこぼこ開いているのをよけながらゆっくり歩を進める。
3859メートルのグラン・ゼブルーが雲の合間から我々の後ろに顔を出した。素晴らしいパノラマ!
前方には目指すモンテ・チェヴェダーレの頂が我々を待っている。ピッケルを片手に持ちながら、デジカメのシャッターを押す。
傾斜がきつくなり、足場も細くなり、滑りやすくなってくる。
腰が痛い・・・椎間板ヘルニアの私だから、しょうがない・・・
“あと、15分! がんばれ!”と言われてから30分近くは経っている。
ガイドが、“あと、15分!”と又、我々を励ます。
前の人の足だけを追っている私。歩く、歩く、歩く、ただそれだけ・・・・
気がつくと、足元に雪がない・・・10メートルほど前方に山頂が待っていた。
ガイドのリーノがメンバー皆に握手したり、キスをして回る。
イタリア山岳会ポンテ・ディ・レーニョ支部の会長エマヌエーラが、“OK~?”と気にして声をかけてくれる。彼女はカモシカみたいな身の軽さ、そしてそのタフさは、尋常を越えている。
リーノエマヌエーラチェヴェダーレ5
風のせいで、雪がついていない山頂の岩の上に大の字になって寝そべって、太陽の下、果てしない青空をみつめる。
ガイドのリーノに“ヘリコプターで上からここに落としてもらったみたいだ!”と笑われる。
一時間ほど、山頂で写真を撮ったり、持ってきた麦茶とビスケットを食べたりしながら感激と満足感に浸る。
昨夜泊まったヒュッテ・ピッツィーニに戻ったのは13時。
なんか、出発した時より、元気な私・・・
自分でも、初心者だったけど、誰にも引けをとらなかった!とうれしくなる。
自信がついたぞ~!!
今回はアイゼンとピッケルはレンタルしたけど、ミラノに帰ったら早速買いに行こーっと!

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/08/18(月) 05:17:13|
  2. イタリアの山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル オルソ・グリージョ

昨日書いたように、レストラン、オルソ・グリージョがホテルもオープンした。
たまたまこのレストランの脇には、もう何年も使われていない屋敷が立っていた。草ぼうぼうの庭をいつも横目に見て、変だな~と思ったのは今から3年ほど前。
そしてもっと偶然なことに、その持ち主は私達の知り合いであった・・・
レストランのオーナーがその敷地を買い、4階建てのホテルにした!
周りの景色にぴったりマッチしている池のようなプールの前に、チロル風の青い屋根、白い壁の館が立つ。食後のエスプレッソを飲みながら、後で部屋を見せてもらおうね、と言ってホテルを眺めていると、突然音もなく、ホテルのガラス張りの屋根が斜めに開いたのである・・・
なに~???
天窓 中庭 外観
案内してもらったホテルは、私達の想像をはるかに超える素晴らしさ。
双子のオーナーの趣味のよさがわかる中世の教会や宮殿から持ち込まれたテーブルや祭壇、キャンドル立て、アンティックな木を張った天井。35000本のワインが収納されているカーヴ、会議室、美しい植え込みの中庭・・・
最上階のデラックススイートを見せてもらう。さっき外から見たガラス張りの天井の下には、ジャグジーバスがあった!枕までついているジャグジーバスで、2人でゆっくり真っ青な空を見ながらリラックスできるのだ。部屋には図書館つきの読書室、そして、ジャグジーとは別にスチームバスもある。
この素晴らしさで、朝食つきのこの部屋の値段が一泊350ユーロとは!
一番リーズナブルな部屋がジャグジーバス付きで朝食込み一泊90ユーロ、プライベートのプールがバルコニーにある部屋は110ユーロ・・・・思わず来年はホテルに一泊して誕生日を祝おう、と決めた。宿泊客にはレストラン代が10%引き、というサービスまであるのだから。
ちなみにここのサイトはhttp://orsogrigio.it
ところで、イタリアでは誕生日を迎えた人が食事をご馳走するのがしきたり。で、ご馳走になった人は当人にプレゼントをする。連れからもらったのは、ハーネスとヘルメット!
なんだかわかります?登山用具。ヘルメットは鎖場を歩くとき、落石のために。ハーネスは太ももと胴につける安全ベルトの一種で、氷河を歩くときに他のメンバーとロープで結び合う、または鎖場で鎖にロープを結び固定してもし自分が落ちた時の救命のため。
実は、今週末、3769メートルの山に登頂する予定なんです・・・

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2008/08/13(水) 04:03:08|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レストラン オルソ・グリージョ

今日1週間遅れで、私のウン十歳の誕生日を祝った。
毎年、私の誕生日の昼食は、ORSO GRIGIO(オルソ・グリージョ)というレストランで、と決めている。
山の家から車で2時間弱、決して近くはないけど、それまでして行く価値が十分ある店。
この店の評判を初めて聞いたのはミラノでだった。
場所は、トレント州のロンゾーネ、アルト・アーディジェ州の州都ボルツァーノの近く、メンドラ峠の手前にある。そんなヘンピ(失礼!)なところにある店がミラノまで知られているのだから、その素晴らしさは想像できると思う。
2005年はついにミッシェランの星まで取ったのである。
シェフ、クリスチャンとサービスをしてくれるレンツォは双子である。レンツォに案内され、ゆったりとしたいすに腰掛け、メニューを見る。
私の連れは、悩んだあげくテースティングメニューを選ぶ。まず、付け出しとして、メロンのババロア、塩味とメロンの甘味がなんとも言えない美味しさ、その後は、トマトとバジリコの塩味のババロア、今が旬のズッキーニの花にリコッタを詰め、松の実を散らし、トマトの裏ごしを添えたもの。
私は、メロンのババロアの付け出しの後、前菜にコールスローしたキャベツの上にマグロのタタキがのったものを選ぶ。絶品!プリモはサルメリーノという渓流でのみ育つ淡水魚のラヴィオリ。上品な味わい。
ズッキーニの花マグロワイン

最初にグラスでルンガリーヴァ社のグラミノという白ワインを注文。バリック(オークの小さな樽)に入れて作ったかと思うような琥珀色に近い色、聞けば遅摘みのブドウで作ったそうで、私が選んだ料理の繊細な味には、味わいがしっかりしすぎてしまって残念・・・ピノ・グリージョのアロマを期待していたんだけど・・・
メインは牛の頬肉の煮込みにストーロ産のとうもろこしのポレンタ。牛や豚の頬肉は昔はみんなが食べていたものだけど、食習慣が贅沢になってしまった今、肉屋に行っても注文しておかない限り、手にできない貴重なものになってしまった。私も自分で作ったことがあるけど、煮込めば簡単に柔らかくなるし、私のお気に入りの一品である。
 
トマトのババロア  ラビオリ  アカシカ

連れはプリモはタリオリーニ。メインはアカシカ(鹿の一種)にフィレ肉。
あわせたワインはテヌータ・サン・レオナルドの看板商品サン・レオナルドの97年。カベルネとメルロで作ったボルドータイプ。
うまくできているし、ちょうど飲み頃、濃くもあってよかったけど、イタリアの地ブドウで作ったワインを飲み慣れてしまっている私には、あの癖らしさ、というか独特さ、野性味がなくて、ちょっと物足りない・・・勝手かな~??
  牛の頬肉  デザート1

デザートは2人ともチョコレートのスフレ! 出来立てで暖かくて、本当に美味しい!
この店で今まで失望したことはない!
そして、良心的な価格! ちなみにテースティングメニューは60ユーロ、とりわけワイン、サン・レオナルド97年が45ユーロは驚きの価格である。
実は、このレストラン、2ヶ月前にホテルもオープンしたのである。10部屋のみ。
今日は長くなったので、明日ホテルについて書きます。お楽しみに!

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/08/12(火) 05:43:50|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストラディヴァリのバイオリン

9日の夜、テムーの村の教会で行われたストラディヴァリのバイオリンのコンサートに行った。
私はピアノは少しわかるけど、バイオリンはダメ。そんな私でもストラディヴァリのバイオリンの繊細さは理解できた。奏者の36才のマッテーオ・フェデーリは、素晴らしいストラディヴァリのバイオリンが収集家の家に眠ってしまっているのはもったいない、皆にその音を聞いて欲しい、という思いから、Uno Stradivari per la genteというプロジェクトを組んで、イタリア各地を演奏して回っている。
この日のバイオリンはストラディバリが1726年に製作したもので、3つの保険、計9千万ユーロがかかっているそうである。彼は今までにいくつかのストラディヴァリのバイオリンを演奏してきているが、公演の移動にはボディーガードをつけ、彼自身ピストルをジャケットの下に隠し持っているそうだ。

余裕たっぷりでリラックスして弾く彼のバイオリンの音が教会に響く。
こんな素晴らしいコンサートが無料で聞くことができる、というのも音楽の国、イタリアならでは、と思った

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2008/08/10(日) 05:30:54|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステルヴィオ(ステルビオ)で夏スキー

8月8日。朝6時半に山の家を出発し、ガーヴィア峠を越え、ステルヴィオ(ステルビオ)へ夏スキーに行く。
途中、標高2621メートルのガーヴィア峠周辺は昨夜ちらついた雪がまだ消えずに残っている。これだったら、8月に新雪で滑れる!と期待が高まる。ステルヴィオに到着すると、ロープーウエイの始発を待つ列がすでにできている。バールでエスプレッソをひっかけて焦って私もロープーウエイの駅へ。
噂では、今、イタリア女子ナショナルチームのメンバーもトレーニングに来ているそうだ。
いかにも強そうな選手達が大勢集まっている。
     朝のロープーウエイ
2つのロープーウエイを乗り継ぐと、スキー場に着く。標高3450メートルの氷河のスキー場。
ここには4本のTバーリフトが設置されている。でも最初のTバーの乗り場周辺は、クレパスがあったり、カチンカチンの氷で、なにこれ~~!!とショックを受ける。
Tバーの左斜面はポール専用バーンで、この悪コンディションにもめげず、選手達がトレーニングに励んでいる。それを横目に見ながら、もう少し奥のほうの穏斜面に移動すると、そちらは一般スキーヤーで賑わっている。
日本人のコーチ、選手達が13人もいるのには、びっくり。がんばってるな~!
昨夜、雨交じりの雪が降ったとのことで、スキーが滑らず、とりわ穏斜面ではスキーにブレーキがかかるので恐る恐る滑る。あー、スキーって難しい・・・
の幸い、晴れたり、霧がかかったりのはっきりしない天気だったで、雪が腐らず、昼近くまで滑ることができた。帰リ始めた頃には、雹が降ってきたが・・・
ステルヴィオ1ステルヴィオ2ステルヴィオ峠から
今から10年ほど前までは、このスキー場はイタリア中で知られた夏スキーのメッカだったのに、最近の温暖化で、氷河がどんどん縮小してしまい、以前賑わっていたヒュッテは、もう雪がヒュッテの前までないのでスキーでは行き着けず、クローズしてしまっている、という淋しい状態になっていた。
ちなみにこの日は、あのスラローマー、ジョルジョ・ロッカもトレーニングに来ていたそうだけど、気づかなかったのが、残念。

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/08/09(土) 00:40:36|
  2. イタリアでスポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンサート

7月30日からバカンスで山に来ています。
避暑地として有名なところなので、いろいろなイベントが催されている。
山登り、キノコ狩りもいいけど、たまにはゆったりと素晴らしい音楽に聞き惚れるのもいい!
というわけで、今年の目当ては、8月1日、2日にある東京、マーキュリー・グリークラブ合唱団のコンサート、8月9日のストラディバリのバイオリンのコンサート、13日にはホテルでウクライナ出身の若手、天才ピアニスト、アレクサンダー・ロマノフスキーのリサイタル!
8月1日。パンフレットには、東京の合唱団、とあるだけだったから、少年少女合唱団なのかな~?と思い、コンサート会場である教会に入ってびっくり! もうすでにコンサートは始まっていたのだけど、祭壇に並んでいるグループは男性、それもある程度のお年(失礼!)の方々ばかり。
           マーキュリー1    マーキュリー3
聞けば、一橋大学のOBが主体のリタイアした方たちの合唱団なのだそう・・・
皆さんカッコいいし、素晴らしい声の持ち主ばかり。
翌日も隣村の教会で同じグループのコンサートが予定されていたので、この日は早めに行って一番前の席を陣取る。たくさんの人が聞きに来てくれるといいな~と気になってしまう・・・メンバーの人たちの思いも一緒だろう・・・
 マーキュリー2  マーキュリー4 マーキュリー5

三部からなるコンサートは、ソロがあったり、はっぴに着替えて、ソーラン節や五木の子守唄あり、で大盛況で終わった。ご苦労様でした!又来て下さいね!!!

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2008/08/03(日) 17:47:41|
  2. イタリアの食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0