イタリアより食とワインと山の魅力を

イタリアのワイン・チーズ、そして食生活情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くつろぎの旅

最近、ちょっと落ち込み気味の私。。。。
ジムからの帰り、時々バス・タクシー専用道路を車で走ってたのだけど、その罰金が。。。。
2回で合計180ユーロ。ガ~~~~ン!!
一般車もたくさん走ってるから大丈夫って信じてた私がアホだった。

そして作って4年も経たないメガネがコートはげ。4年前値切って500ユーロだった。
新たに注文したら、、、、、600ユーロ(値切って値切って、この値段)
ガ~~~~ン、ガ~~~~ン

落ち込んでいてもしょうがないから、先週訪れたアルト・アーディジェの旅のお話:
泊まったのは、アルト・アーディジェの州境に近い、トゥレンティーノ州のロンゾーネという村にある5つ星ホテル。Orso Grigioオルソ・グリージョ。http://www.orsogrigio.it/

ミッシェランの星付きのレストランのOrso Grigioのオーナーであり、シェフとソムリエの双子の兄弟が数年前にオープンした部屋数10だけのホテル。

DSC00702.jpg

彼らが目指すものは、くつろぎの世界。
今回私たちが選んだプランは、夕食も朝食も部屋でのサービス。
でもその前にスプマンテと、おつまみのサービス!

    DSC00707.jpg

これがアぺルティボのおつまみとは思えない量。
その後に始まるディナー。メニューから私たちが選んだのは:

DSC00719.jpg DSC00720.jpg
左側は私が選んだ淡水魚のパテ。
右は我連れ合いのチョイス。トマトのババロア。絶妙な味!

DSC00723.jpg DSC00724.jpg
左はこのレストランの先代の双子のお父様のレシピで30年間前のキノコのタリアテッレ。
右は、この地方の名物料理、カネ―デルリ(硬くなったパンにチーズやサラミを混ぜて作ったお団子風)

DSC00725.jpg DSC00726.jpg
左は、マッシュポテトと煮込んだホロホロチョウ。美味しかった~~~(でももうお腹がはちきれそう。。。)
右は、エビとかぼちゃのクリーム

ワインは、この近くのピーノ・ネーロ! 2007年。当たり年だし、コスパもよくて満足! (ワインの値段が良心的なのもこのホテルの魅力の一つ)
          DSC00727.jpg


締めくくりのデザートは:
DSC00730.jpg DSC00729.jpg

*****************
朝9時にお部屋に運ばれてきた朝食。
       DSC00731.jpg

持ち込みをした(5つ星に泊まって、スプマンテを持ち込むのは私たちぐらいだろうな~)スプマンテを冷蔵庫から出し、朝食とともに。
こんな勝手なことができるのも、お部屋での食事ならでは!(皆さん、真似しないでくださいね!!!)

贅沢で、リラックスした2日間。
ワインの品揃えも素晴らしいので、お近くにお寄りの際はぜひどうぞ。
素晴らしいセラーの見学も可能です。
ワイン担当は、双子のレンツォ氏。イタリア国営放送RAIの“Prova di cuoco”によく出演するクリスチャン氏はシェフ(この日も放送が終わりローマから戻ったばかりだった)

さあ、今からイタリアのピーノ・ネーロの故郷、イタリアで一番素晴らしいピーノ・ネーロが育つMazzonに行ってきま~す!
次回のブログ、お楽しみに!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2012/10/06(土) 06:19:30|
  2. イタリアの宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エミーリア・ロマーニャの食材の旅、その3

レンタカーのナビにまどわされ(?)農道から落ちそうになりながらもたどり着いたカストゥロカーロ・テルメ(Castrocaro Terme)村の4つ星のGrand Hotel。http://termedicastrocaro.it/
DSC00926.jpg

DSC00959.jpg
中に入って、その広さと格式の高さ、調度品の素晴らしさにびっくり!!
デザインが売り物のホテルが増えている中、イタリアのよき時代の重厚さを感じさせるこんなホテルがこんな田舎(失礼!)にあったとは・・・リベルティーとアール・デコ様式の内装・・・
訪問予定のワイナリーのオーナー夫人の紹介で知ったホテルである。ハイシーズンでなかったせいか、オンラインで予約したら信じられないような値段。
車を300メートルほど離れた庭園の中に置き、そこから電気自動車でホテルまで移動。う~ん、リッチな気分!
8へクターもある庭園内には、10000本の樹木が植えられ、屋外プール、ミニゴルフまで備え付けられている。
DSC00927.jpg
 
聞けば、1938年にこのホテルを建てさせたのは、あのムッソリーニ! そう言えば、彼はエミーリア・ロマーニャの出身、彼のお墓もこの辺りのはず・・・
このホテルで彼が会議をしたこともあり、彼の名前のついたスイートルームもある。この写真の“3”の部屋!
DSC00960.jpg

興味津津・・・フロントに頼んで見せてもらう。ロビーから専用のエレベーターで一気に部屋へ直行:ベッドルームが2つ、そしてジャグジー付のバスタブ。
DSC00963.jpg
DSC00961.jpg
DSC00962.jpg


さあ、私の部屋へ向かおう。
らせん階段を上る。
DSC00924.jpg

長~い廊下。
DSC00923.jpg

併設されているレストランもなかなか。値段も良心的だし、味もいい。働いている人たちも、み~んな親切。
コロンナータのラルドのパスタ、本マグロのステーキ(すごい量!)
DSC00921.jpg
DSC00922.jpg
DSC00950.jpg

さあ、明日は早起きして庭園を散歩しよう!
そして夕方はお楽しみのテルメが待っている!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2011/06/04(土) 06:30:42|
  2. イタリアの宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

貴族の館に泊まる

トスカーナの小都市の中心地区には、今でも貴族の宮殿がたくさん残っている。とは言え、その大半は銀行や博物館へ姿を変えてしまっていることが多い。
フィレンツエとピサの間に位置する中世の町ルッカ。
町の中心にあるサン・フリディアーノ教会裏手に立つトゥッチ宮殿は、15世紀からトゥッチ侯爵が所有してきた建物である。17世紀に修復が行われたこの由緒ある建物は、今はB&Bとして誰でも泊まることができる。
この夢のような経験を体験するために、ルッカに出向いた。
宮殿の入口は高さが15メートルほどあるだろうか・・・その上にはトゥッチ家の家紋が飾られている。

DSC04853.jpg DSC04889.jpg DSC04840.jpg DSC04852.jpg DSC04849.jpg

車で到着した私たちを正門前で迎えてくれたのは、他でもないオーナーであるカルロ・トウッチ侯爵。
重い木の扉を開け中に入ると、左手には馬車を入れるためのスペース。左手奥の緩やかな階段を登って行くと、途中にトゥッチ家の家系図が飾ってある。12世紀から始まる家系図・・・
2階に上って、目を見張った!
ここはヴェネツィアのドゥカーレ宮殿???

DSC04846.jpg

ホールの天井は薄緑色の美しい漆喰の飾りで覆われている。絨毯の上に、カルロ侯爵の愛犬、アルトゥーが寝そべっている。隣の部屋は舞踏会場として使われていたところで、ギリシャ神話を物語るフレスコ画が天井いっぱいに描かれ、壁には4つのテンペラ画が飾られている。その豪華さ、規模の大きさ、実際に見てみないと、想像がつかない。4つのうちの一つのテンペラ画を我が家に持ってきても、大きすぎて家に入らない。こう書いたら、その規模を少しは分かってもらえるだろうか・・・要は、ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿なのである!
アンティックな絵画、鏡、置物、ソファーに囲まれ、ため息が・・・
各階に部屋が20室ほどあるようだ。すべての部屋に暖炉がついている。

DSC04850.jpg DSC04851.jpg DSC04843.jpg DSC04847.jpg

案内された部屋は、スイートルーム。
サロンに続くベッドルーム。天井にはフレスコ画が一面に描かれている。奥はバスローム。広々としたバスタブ、気持ちよさそう・・・
ベッドに寝そべって天井を見上げる。ここにも天井一面にフレスコ画が描かれている。
3日間、貴族になったつもりで過ごそう!

DSC04885.jpg DSC04845.jpg DSC04848.jpg DSC04844.jpg DSC04888.jpg

トゥッチ侯爵が、愛犬アルトゥーの散歩がてら、ルッカの町を案内してくれる。
気さくな彼、知らなかったら、侯爵とは思えない・・・いつもジーンズで、気取ったところがまったくない。
ルッカの郊外に所有する100へクターの敷地に、3つのプール付きのアグリツーリズモも経営し、ワインや素晴らしいオリーブオイルも作っている。
貴族って別世界の人たちだと思っていたのに。
朝食を取っている私たちの横で、パニーニを自分で作り、パクつく・・・なんてフレンドリーな人!
夕食から戻ってきた私たちを、2階の扉の横にあるスファーで座って待っていてくれた・・・そんな人。

このブログを読んでくださった方にお勧め!
貴族の館に泊まる体験、してみませんか? 宮殿を改造したホテルならいくらでもあるけど、いまだに同じ貴族の末裔が所有している宮殿がB&Bのなってるのは珍しいし、内部は必見の価値あり! 客室は全部で6個。ちなみに侯爵は3階に住んでいます。
ルッカの国鉄の駅からも歩いていける距離、車で行かれる方、宮殿内に駐車場があり。
長期滞在希望で、車で行かれる方は、郊外のアグリツーリズモもお勧め。

詳しい説明、写真、料金等は、下記のサイトからどうぞ。
宮殿のサイト(英語版あり)http://www.palazzotucci.com/
アグリツーリズモのサイト(英語版あり)http://www.agriturismovalgiano.com/

狭い我が家に戻り、天井を見上げ、物淋しい私・・・夢のようだった3日間・・・

テーマ:★イタリア旅行★ - ジャンル:旅行

  1. 2010/06/02(水) 07:13:14|
  2. イタリアの宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。